メンテナンス中のため表示が崩れています

イケメンから遠ざかる健康を害する悪い習慣

大量飲酒と喫煙を続けて行う習慣は、人に害を及ぼす可能性のある最悪の行動です。一方、健康に大きな害を及ぼす可能性は低い小さな習慣ですが、健康を害する最悪の行動と言えます。 反面、健康を大きく損ねるような些細な習慣ではありますが、長期的な観点から見ると健康と幸せを台無しにすることがあります。

目次

1.ベッドの中でもスマホポチポチし続けること

ベッドにまでタブレットPCなどを持ち込むイケメンがいます。 電子機器から出る光は、眠らせるホルモンであるメラトニンの量を減少させます。 寝る前に何かをしたい場合は、スマートデバイスではなく本や雑誌を読んだり音楽を聞くと良いでしょう。

2.長時間直立した状態で座り続けること

長時間座っていると、イケメンでもさまざまな成人病を引き起こします。姿勢が悪いと、脊椎や関節にも問題が発生します。
専門家は「お尻をできるだけ後ろにして椅子の奥深くに寄せて、腰をまっすぐ立てて背もたれに付ける姿勢が良い」と話す。 また、1時間に少なくとも1回は立ち上がって活動することで姿勢を変えなければなりません。

3.仕事でおやつをよく食べること

夜勤の時、職場の同僚の誕生日にピザやチキンなどのおやつと一緒にオフィスで小さなパーティーが開かれることがあります。 ところが、問題はこのようなおやつ会がほぼ毎日行われているということです。
専門家らは「こうしたおやつパーティーがあればミントガムを噛んだりしてあらかじめ口の中をいっぱいにしておやつを食べない理由を明かした方が良い」とし「パーティーの前に歯を磨いたりお茶を1杯飲むのも役に立つ」と話す。

4.仕事を理由にタバコを吸うこと

仕事でどうしてもたばこを吸わなければならない場合があるんです。 しかし2週間に1回だけタバコを吸っても健康を害します。 研究によると、軽くたばこを吸っても、心血管のリスクを高めることがわかりました。

専門家らは「家や事務室など周辺でたばこを完全に片付け、職場や友人にもたばこをやめたということを知らせることが重要だ」と話す。

5.寝るまで仕事が終わらない。

寝室の明かりを消す前まで仕事を手に置けない人たちがいます。 徹夜で働けば生産性は向上すると思いますが、翌日大きな代価を払うことになる。
大人は少なくても一日に7時間は寝なければなりません。 専門家らは「やるべきことの優先順位を決めて書くと、本当に急いで考えたこともそうではないということが分かるようになる」とし「一日の後半に処理すべきことは時間がかからないように決めた方がいい」と話す。



目次
閉じる