アスピリンの歴史と有効性

1. アスピリンの定義と由来

アスピリンは、100年以上の歴史を持つ解熱・鎮痛・消炎剤であり、心血管疾患の予防薬でもある。1897年にフェリックス・ホフマン博士がドイツ・ブパタルのバイエル研究所で、世界で初めてアスピリンの主要成分である「アセチルサリチル酸」を純粋かつ安定した形で合成することに成功し、広く使用されるようになりました。アスピリンは、主成分である酢酸の「A」と、柳の学名である「Spiraea」を組み合わせたもので、柳の樹皮から抽出して作られた薬であることを意味しています。

その後、1978年にアスピリンの成分であるアセチルサリチル酸が血小板の凝集を阻害することが明らかになり、様々な研究や臨床医により、低用量のアスピリンを服用することで心血管疾患の予防効果があることが確認されました。心血管疾患とは、高血圧、心筋梗塞、脳血管障害など、心臓や大動脈に関わる疾患です。また、アスピリンは食道がんや大腸がんの予防薬としても使用されています。アスピリンは、現代人の代表的な家庭薬として古くから愛されており、バイエルグループが製造・販売しています。

2. アスピリンの誕生と基盤

1)アスピリンの起源 ヒポクラテスが使用した天然の鎮痛剤

アスピリンの起源は古代にさかのぼります。紀元前1500年頃、古代エジプト人の記録「エバース・パピルス」には、800種類の処方箋、700種類の動植物、鉱物の薬が記録されており、その中には柳の木を強壮剤や鎮痛剤として使用することも含まれていました。医学の父」と呼ばれるギリシャの医師ヒポクラテス(紀元前460〜377年)とテオフラストス(紀元前372〜287年)は、柳の樹皮から抽出したジュースの有効成分であるサリチル酸に鎮痛効果を見出した。漢方医が痛みに苦しむ患者に柳の皮を煮出したものを治療薬として与えるようになってから、サリチル酸は民間療法の代表的なものとなった。

1763年、エドワード・ストーン牧師は、50人の発熱患者を対象に柳の樹皮の抽出物を実験し、熱や陣痛に効果があると英国王立協会に報告した。1829年には、フランスの薬剤師ピエール・ジョセフ・ルルーが、イタリアの化学者ラファエル・ピリアが開発した柳皮抽出物から「サリシン」という物質を結晶化させた。

2)若い化学者の歴史的発見:サリチル酸のアセチル化

19世紀末には、サリチル酸はよく効くが、味が悪い、耳鳴りがする、嘔吐する、重篤な胃腸障害があるなどの副作用があったため、多くの科学者が、患者がより快適にサリチル酸を服用できる方法を研究した。この努力は1897年に初めて成功した。

1890年、23歳の若き化学者フェリックス・ホフマンは、ドイツの小さな製薬会社バイエルに入社した。フェリックス・ホフマンは、ミュンヘンのルートヴィヒ・マクシミリアン大学で博士号を取得したドイツ人化学者である。

フェリックス・ホフマン博士は、父親の関節リウマチの痛みを和らげるために服用していたサリチル酸ナトリウムの弱点を改善する方法を夜な夜な研究し、模索していた。

当時、関節炎の場合に服用すべきサリチル酸ナトリウムの量は6〜8g程度で、胃腸障害などの副作用も深刻だった。フェリックス・ホフマンは、1897年にサリチル酸をアセチル化してアセチルサリチル酸とする方法を開発した。彼のアセチルサリチル酸は、服用しやすく、粘膜への刺激が少ないという特徴があった。

フェリックス・ホフマンは自分が開発した薬を父親に飲ませたところ、その夜、父親は久しぶりに痛みのない夜を過ごすことができたという。ホフマン博士が作った物質は、化学的に純粋で安定したアセチルサリチル酸、すなわちアスピリンであった。フェリックス・ホフマンはその後、バイエル社のマーケティング部門に移り、アスピリンの伝道師として活躍した。生涯独身を貫き、1946年2月にスイスで亡くなった。
現在のアスピリンは、当時のフェリックス・ホフマン博士が発見した方法で製造・販売されている。

3. アスピリンの歴史

1)最初の精製医薬品の発見、開発特許紛争と作用の論理
1897年~1971年
1897年8月10日、フェリックス・ホフマン博士がドイツのブペルタルにあるバイエル研究所で世界初のアセチルサリチル酸の合成に成功すると、常務取締役のカール・デュイスベルク、バイエル薬品研究所所長のハインリッヒ・ドレーザーをはじめとするバイエルの全関係者がその価値を認めた。1898年に発表された最初の臨床試験で、アセチルサリチル酸が痛みを和らげる効果があることが明らかになり、製品として生産されるようになった。バイエル社のブランド「アスピリン®」は、1899年3月6日にドイツ・ベルリンの帝国特許庁で登録商標第36433号として登録され、1900年2月には米国で特許を取得して製造・販売されました。

初期のアスピリンは、粉末状で250gのボトルに入って薬局でのみ販売されていた。しかし、すぐに多くの企業がアスピリンのクローンを作るようになり、バイエル社はクローンと区別するために1914年に錠剤を開発した。このようにして、アスピリンは精製された最初の医薬品の一つとなった。精製されたアスピリンは、外見は硬いが水に溶けやすく、粉薬は毎回重さを量るということとは異なり、量を標準化できるという利点がある。
アスピリンは、精製された状態で入手できるようになってから、より広く使われるようになった。医師は、頭痛、歯痛、身体の痛み、疼痛、風邪やインフルエンザの発熱などにアスピリンを使うことを患者に勧め、アスピリンは "誰もが簡単に買える人気の鎮痛剤 "となったのである。

一方、アスピリン開発の特許をめぐる議論は続いていた。1949年、バイエル社のユダヤ人研究者アーサー・アイケングルン博士は、フェリックス・ホフマン博士は単なる研究助手にすぎず、アスピリンの初代臨床試験責任者は自分であり、発明特許を持っていると主張した。アーサー・アイケングルンは、フェリックス・ホフマンがバイエルに勤務していた頃のバイエルの製薬チームの責任者であり、アスピリンの開発に大きな貢献をしたが、ユダヤ人であることを理由に開発者から名前が削除されたと言われている。アーサー・アイケングルンの主張により論争が続く中、バイエルはプレスリリースでこれを完全に否定し、アスピリンを開発したのはフェリックス・ホフマンであると結論づけた。

アスピリンの鎮痛効果は証明されているが、具体的にどのように人体に作用するのかは、1897年にフェリックス・ホフマン博士が開発して以来、70年以上も明らかにされていない。アスピリンは、その効能が認められて初めて商品化され、商品化から数十年経ってようやく明らかになった「ユニーク」な薬なのです。

1971年、イギリスの薬理学者ジョン・R・ベインは、アセチルサリチル酸の抗炎症作用を科学的な論理で解き明かした。アセチルサリチル酸は、シクロオキシゲナーゼという酵素に作用します。ジョン・ベイン教授は、この酵素が体内の炎症を刺激して痛みや発熱の原因となるプロスタグランジンを生成し、アセチルサリチル酸がシクロオキシゲナーゼに作用してプロスタグランジンの生成を抑制することを発見したのです。ジョン・ベイン教授の発見は、アスピリン研究を進める上での基礎となり、これが評価されて1982年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

1971年にアスピリンの原理を発見したジョン・ベイン博士は、次のように発言している。

現代社会では、最新の医薬品のライフサイクルが短くなっている。5分ごとに世界中で新しい大発見がなされ、1秒ごとに新しい化学物質が発見されています。しかし、アスピリンはこの流れに逆行しています。アスピリンは、何千年も前から使われてきた自然療法を化学的に改良したものです。100年経ってもアスピリンが世紀の薬と自認されているのは、最も広く使われている鎮痛剤だからというだけではない。1971年に私が発見したアスピリンの作用原理により、今ではアスピリンが他の分野で新たな役割を果たすようになったのです。"

2)心臓病予防のための家庭用鎮痛剤の再発見

1972〜1988年
発売から75年、アスピリンは風邪や痛みを和らげる家庭薬として定着した。1952年に公開された映画「小さな世界」の主人公、ドン・カミロがペッポーネに "ワイン1杯とアスピリンの卵2個で十分だよ "と言うのがその流れだ。

しかし、1970年代初頭にアスピリンにアセチルサリチル酸が含まれていることが判明し、科学的に証明されるとアスピリンは新たな局面を迎えることになる。

4. アスピリンの代表的な製品群

1) バイエルアスピリン®タブ500mg(Bayer Aspirin®Tab)。500mg)

バイエルアスピリン®500mgは、解熱・鎮痛・消炎剤として使用されるジェネリック医薬品です。関節リウマチ、変形性関節症(変性関節症)、硬直性脊椎炎、発熱・感冒、歯痛、頭痛、月経痛、神経痛、腰痛、関節痛、筋肉痛などに効果があります。経口投与は、成人の場合、1日2~3回に分けて投与する。

2)バイエルアスピリン®タブ100mg(Bayer Aspirin®Tab)。100mg)

家庭薬であるアスピリンを解熱剤として不用意に赤ちゃんに与えると、レイ症候群を発症する危険性があります。そのため、乳児の発熱治療ではアスピリンを「慎重に」使用する必要があり、小児にはバイエルアスピリン®錠100mgが適しています。1回の投与で、1~2歳は2錠、3~6歳は3錠、7~10歳は3錠、11~14歳は4錠を1日2~3回経口投与する。

3)アスピリンプロテクト®プレシジョン100mg(Aspirin® Protect 100mg)

アスピリンプロテクト®錠100mgは、循環器系疾患の治療に用いられるジェネリック医薬品です。血小板凝集阻害による不安定狭心症の患者さんに対して、非致死性心筋梗塞のリスクを低減し、日常的な虚血性発作のリスクを低減するために使用します。また、初期心筋梗塞後の再構築の予防や、脳梗塞患者の施行後、冠動脈バイパス術(CABG)や経皮的冠動脈成形術(PTCA)後の血栓・塞栓の抑制にも有効です。虚血性心疾患の家族歴、高血圧、高コレステロール、肥満、糖尿病などの患者さんの冠動脈血栓症を予防することができます。

5. アスピリンの広告・キャンペーン

1)世界の様々な映像を使った広告キャンペーン

アスピリンは古くから世界中で発売されているため、広告キャンペーンも様々な色を持っています。宣伝ポスターの場合、それまでほとんど存在しなかった医療常識や消費者の意識状態、法的条件、規制などの要素を考慮する必要があった。アスピリンが誕生した当時のドイツでは、19世紀後半に偽造薬や類似薬に関連して、消費者を保護するための強制的な規制が行われていた。16世紀に万能薬を宣伝していた行商人やヤブ医者、詐欺師が、未検証の薬やコントロールできない薬を販売するのを防ぐためだった。ドイツでアスピリンの宣伝ポスターが初めて登場したのは1930年。

2)効果とターゲットを絞った広告キャンペーン

それ以来、アスピリンは「fast」という言葉を使って、早い頭痛・痛み止めであることを強調した広告を導入するようになりました。It Happens In Two Seconds」というフレーズで、迅速な痛みの緩和という効果を強調しました。女性にはアスピリンの頭痛の緩和を、男性や高齢者には風邪の痛みの緩和効果を強調した。また、子供向けのアスピリン広告も登場し、子供の風邪や発熱に効果があることを強調した。

3)現代人の不平不満を盛り込んだ広告キャンペーン

2000年代に入ってから、アスピリンの広告にはアスピリンがいかに優れているかを説明するのではなく、アスピリンの効果をいかに楽しく見せるかを気にした広告が作られた。頭痛の痛みを頭の上のダイナマイトという表現で表現したり、アスピリンを飲んで落ち着いた新婦というユーモラスなビジュアルイメージで表現したりと、効果そのものを説明するのではなく、効果に共感できる場面の設定を広告で示した。

6. バイエル

1)バイエルグループ

アスピリンを開発したバイエルグループは、1863年に小さな染料会社としてスタートしました。ドイツのライン川沿いのレバークーゼンに本社を置き、世界150カ国以上で事業を展開している多国籍の医薬品・化学品企業である。創業以来150年以上にわたり、科学と応用の徹底した研究により、あらゆる産業に不可欠な幅広い製品を開発しています。バイエルは世界中で300以上の子会社・関連会社を運営しており、そのうち100以上の子会社・関連会社が製造拠点を持っています。

バイエルは、「Science For A Better Life」という価値観を目指しています。これは、基礎科学(化学)をベースにした関連事業の多角化と、将来性の高い3つのサブグループ、バイエルヘルスケア、バイエルクロップサイエンス、バイエル マテリアルサイエンスに焦点を当てた事業ポートフォリオ(Portfolio)の最適化によって達成されます。

2)バイエルヘルスケア

バイエルは、病気の予防、症状の緩和と治療、病気の診断の改善を通じて、世界中の患者さんを支援しています。バイエルヘルスケアは、専門医療、一般医療、糖尿病、動物医療の4部門で構成されています。2007年には、より幅広い優れた製品を提供することで、ドイツ最大、世界トップ10の製薬会社となりました。

3)グローバル展開の現状と規模

バイエルは世界に150以上の子会社・関連会社を有しています。2012年、バイエルの全世界の従業員は11万人でした。売上高は2012年時点で397億ユーロ(約53兆ウォン)に達し、2011年の365億ユーロ(約49兆ウォン)から8.8%増加しました。グループ全体の売上高に対する実績は、バイエルヘルスケアが47%、バイエル マテリアルサイエンスが29%、アスピリンを含むクロップサイエンスが21%となっています。アスピリンは、2013年に12億7,000万ドルの売上を記録しました。

バイエルをはじめとする世界的な製薬会社は、新薬の発売が困難になってきていることや、同社の売上を左右していた医薬品の特許が切れたことなどから、最近ではM&Aに力を入れています。また、世界第8位の製薬会社であり、アスピリンのジェネリック医薬品市場では第2位のバイエルは、2014年5月に第7位の製薬会社であるメルク社の消費者向け部門を買収することで合意しました。2013年のバイエルとメルク・アンド・カンパニーの一般医薬品の売上高は、それぞれ36億ユーロ(5.1兆ウォン)と22億ドル(2.5兆ウォン)でした。

4)ブランド価値

アスピリンを発売しているバイエルは、世界的なブランドコンサルティング会社であるインターブランドが主催する「2014 Best German Brands 2014」で10位にランクインしました。アスピリンは、毎年1,000億軒以上を消費すると言われています。アスピリンは、人類の歴史の中で最も多く、長く言及されている医薬品ブランドの一つです。アスピリンは、人々を激痛の苦しみから解放し、死亡率の高い心血管疾患の恐怖から逃れることができました。また、アスピリンは、単純な治療を超えて、詩や小説、芸術などにも応用されている点でも、ユニークなブランド価値を持っており、人類初の月旅行にも含まれるほど、人間の生活に深く関わっている薬です。

スペインの哲学者・随筆家であるホセ・オルテガ・イ・ガセットは、20世紀を「アスピリンの時代」と表現した。彼は著書『大衆の勃興』の中で次のように書いている。今日、普通の人々は、過去に権力や富を享受した人々よりも、はるかに便利な生活を享受している。世の中が豊かで、道路があり、鉄道があり、ホテルがあり、電信があり、身体の安全が保証され、アスピリンがあるならば、普通の人が豊かでなくても何の問題もないではないか。"

1986年にドイツのリヒャルト・フォン・ワイツカー大統領がイギリスを訪問した際、バッキンガム宮殿でエリザベス2世がスピーチを行った。ドイツは人間の生活のあらゆる面で成功しています。哲学、音楽、文学から、X線の発見、アスピリンの大量生産まで、すべてが含まれています。"

アスピリンというブランドの驚くべき価値は、この歴史が過去の形だけに留まらないことだ。現在でもアセチルサリチル酸は毎年700~1,500本の論文が発表されています。また、アスピリンはアメリカ・ワシントンにあるスミソニアン協会の国立歴史博物館に収蔵されている。

バイエルは、まだ十分に解明されていないアスピリンの可能性を探る様々な研究も支援しています。また、バイエルは、心血管疾患のリスクと管理について患者さんと医療スタッフの対話を促す教育プログラムや慈善団体への支援を行っています。

7. アスピリンブランドの特徴

1)最も多く流通している国産医薬品

1895年、ヨーロッパでインフルエンザが急速に流行し、多くの死者が出た時期にバイエル社のアスピリンが普及しました。アスピリンは、その後数年間ほぼ絶え間なく続いたインフルエンザの流行時に使用され、家庭薬として定着した。その後の研究で、アスピリンは発熱や頭痛だけでなく、歯痛や関節リウマチなど多くの病気に効果があることがわかってきた。誰でも簡単に低価格で入手できるアスピリンは、世界中に流通するようになりました。

ケルンの地元紙は1920年代の読者に、「痛みがあるときは、温かい水の入ったボトルを足元に置き、熱いカモミールティーや強いアルコールを飲んで汗を出し、アスピリンを1日3錠飲めばいい。そうすれば数日後にはスッキリする」と、アスピリンを推奨していました。アスピリンは世界中の家庭で必須の薬となっている。

2)心血管疾患予防効果

70年以上前からジェネリック医薬品として知られているアスピリンは、1980年代に心血管疾患の予防効果が証明され、その新たな可能性が認められました。低容量のアスピリンを継続的に使用することで、二次的な心血管疾患の予防や再発防止が期待できた。1988年、バイエルは心血管疾患予防薬である低容量アスピリンプロテクションを発売し、それ以来、アスピリンは心血管疾患予防薬として一貫して知られています。

2014年、バイエルは米国食品医薬品局(FDA)に対し、アスピリンが心血管疾患のない人の心筋梗塞予防に有効であることを示すよう求めましたが、却下されました。米国食品医薬品局は、アスピリンの心血管患者への効果は証明されているが、胃や脳での出血のリスクが高まるため、予防目的で服用すべきではないとしていた。しかし、米国食品医薬品局は、アスピリンが二次的な心臓発作や脳卒中の予防に有効であることを再確認しました。

3)アスピリンの新たな効果についての研究

アスピリンは、まだ研究すべき分野が多く、その効果の約50%しか確認されていないことが知られています。農薬が発明されて以来、人間では農薬のためにがんが急増し、野菜が害虫に強くなったために含まれるサリチル酸が激減した。サリチル酸は、野菜が病気に感染すると、その部分が黄色く退色して落ちてしまう「細胞の自殺」という機能によって、他の部分への転移を防ぐ役割を果たしているという。
また、野菜に含まれるサリチル酸が減ったことで、人間のサリチル酸摂取量が減り、人間ががんになる動機になったとも言われている。

世の中にはたくさんの薬がありますが、その中で一番よく使われている薬は何ですか?世界で最もよく使われている薬は、消炎鎮痛剤と呼ばれています。人類は、痛みや炎症に対して薬を使ってきた長い歴史を持っています。エジプトで発見されたパピルスには、すでに紀元前1500年頃にヤナギやポプラの樹皮が痛みや熱の治療に使われていたという記録があります。また、医学の父と称されるギリシャのヒポクラテスは、紀元前400年頃にポプラやヤナギの樹皮を使っていたという記録があり、それ以来、ヤナギやポプラの樹皮は痛みや熱の目的で安定して使われています。サリチル酸は、柳やポプラの樹皮に有効な成分ですが、サリチル酸は味が悪く、胃腸障害が非常に強いという欠点がありました。

ドイツ人化学者であるフェリックス・ホフマンの父は、関節炎のためにサリチル酸を服用していたが、胃腸障害に悩まされていた。ホフマンは1897年、父のために胃腸障害の少ない物質を合成した。それがアセチルサリチル酸である。アセチルサリチル酸はその後、アスピリンとして販売された(アスピリンという名前は、アセチルacetylと柳の学名Spiraeaに由来する)。現在ではアセチルサリチル酸よりもアスピリンの名前の方がはるかに広く知られている。

アスピリンは解熱・鎮痛・抗炎症作用がよく知られているので、熱や痛みがあればアスピリンを使う人が多い。

血管の中を血液が流れるとき、血管の壁は常に圧力と摩擦に耐えています。そのため、血管の内側には小さな傷がたくさんついています。血管内に小さな傷ができると、その傷に血小板がくっついて絡まってしまいます。血小板が傷ついた血管の壁にくっつけば出血を防ぐことができますが、一方で血栓の原因にもなってしまいます。この血栓が心臓の動脈を塞ぐと、心筋梗塞を引き起こします。少量のアスピリンを服用することで、傷ついた血管に血小板が絡みつくのを防ぐことができます。そのため、すでに心筋梗塞を発症している人は、再発防止のために少量のアスピリンを常に服用しています。

心筋梗塞になったことのない人が再び服用すれば心筋梗塞を予防できるのであれば、心筋梗塞になっていない健康な人が少量のアスピリンを服用しても心筋梗塞を予防できるのではないか?ならば、普段からアスピリンを飲んでおくことは誰にとっても良いことではないでしょうか?そんな考えで研究をした人たちがいます。その研究によると、心筋梗塞の予防にはアスピリンの方が効果的で、低リスクの人は予防効果が低いとのことでした。一方、アスピリンの副作用は、低リスクの人も高リスクの人も同じでした。

予防目的で少量のアスピリンを服用した場合の副作用は、消化管出血と脳卒中の原因の一つである脳出血です。これらの副作用は、生命を脅かしたり、重篤な後遺症を残す可能性があります。そのため、心筋梗塞のリスクが高い人は少量のアスピリンを服用し、リスクが低い人はアスピリンを服用しないことが推奨されています。心筋梗塞が心臓の血管の血栓を塞ぐ病気だとすれば、脳の血管の血栓を塞ぐ病気は脳梗塞です。アスピリンで心筋梗塞を予防するのと同じ理屈で、アスピリンを安定的に服用することで脳梗塞も予防できるのです。

脳梗塞の発症リスクが高いほど、アスピリンの予防効果は大きく、副作用の可能性は誰にでもあると言えます。そのため、すでに一度でも脳梗塞を発症したことがある人や、脳梗塞のリスクが高い人に限って、予防のために少量のアスピリンを服用することが推奨されています。アスピリンはがんの予防にもなります。中でも特徴的なのは、がんを予防する効果です。しかし、先に述べたような副作用があるため、大腸がんの予防のために全員にアスピリンを服用することはお勧めできません。大腸がんのリスクが高い人だけが大腸がんを予防する薬を飲むことが推奨されていますが、最近ではアスピリンの副作用を軽減する他の薬も推奨されています。すべての薬はそうですが、アスピリンにも副作用があります。アスピリンは、前述の副作用に加えて、消化器系の潰瘍や過敏症を引き起こす可能性があります。

乳幼児へのアスピリン使用は要注意

乳児の熱を下げるためにアスピリンを使用し、ライ症候群を示す乳児がたくさんいます。家庭薬としてのアスピリンは、熱を下げたり、頭痛の痛みを起こしたりするために使われます。そのため、親が頭痛薬として服用していたアスピリンを、不用意に解熱剤として赤ちゃんに与えると問題が生じます。ライ症候群は、2歳以下の乳幼児や6歳以下の子どもが、インフルエンザ(インフルエンザウイルス)や水痘(VZウイルス)などのウイルス性疾患にかかった場合にまれに発症します。ウイルスに感染すると体に熱がこもり、アスピリンで熱を下げようとして、急性脳症や肝臓の脂肪変性を示し、致命的な症状を示すのが一般的です。

アスピリンとインフルエンザウイルスの相関関係はまだ明らかになっていませんが、乳幼児の発熱の治療では、乳幼児が急性症状の兆候を示すケースが多いため、アスピリンは「慎重に」使用されています。そのため、赤ちゃんが熱を出して解熱剤が必要なときには、タイレノールがよく使われます。もちろん、タイレノールの飲み過ぎは肝臓に負担をかけることになりますが、他の薬に比べて副作用が少ないので、乳幼児や妊婦さんにも使われています。

喘息や慢性じんましんには気をつけましょう

アスピリンは、乳児や幼児だけに慎重に使うわけではありません。というのも、アスピリンの中には、症状が敏感に現れるケースがあるからです。重度の喘息を伴う慢性じんましんや、全身にじんましんが出る場合、心血管疾患の治療にアスピリンを使用すると危険です。アスピリン不耐症の人は、慢性蕁麻疹で産生されるヒスタミンという物質がアスピリンと反応するため、過敏症を発症しやすくなります。アスピリンに過敏な人は、他の鎮痛剤にも反応することがあるので、アレルギー検査をした上で、専門医の処方を受けることをお勧めします。

現在のアスピリン服用の新しいガイドライン

-心臓病のリスクがある45歳から79歳までの男性は、出血のリスクよりも心臓発作を防ぐことの方が重要であると判断した場合、アスピリンを服用すべきである。

-55歳から79歳までの女性は、出血のリスクよりも脳卒中のリスクを減らすことができると考えられる場合、アスピリンを服用すべきです。

-男性は45歳以下、女性は55歳以下で心筋梗塞や脳卒中を経験していない人は、予防のためにアスピリンを服用する必要はありません。

-今のところ、80歳以上の循環器系疾患の患者がアスピリンを服用すべきかどうかは明らかになっていません。

アスピリン PICK UP

気負わずいればなんとでもなる!たぶん!

    おすすめの記事