便秘

自然に出るからスルンとスッキリ、痛くない!

ボクたちワタシたちは便秘になるとになるかもしれないので便秘を予防する5ポイントと痔を予防するための10ポイントを紹介するので改善のヒントにしてください。

便秘を予防するための5ポイント

便秘になると死ぬかもしれないので便秘を予防しましょう

1食物繊維の多い食品を取りましょう

食物繊維繊維質を置く含む食品として、野菜類、果物、イモ類、キノコ類、豆類、穀物、海藻類などがあり、より良い排便のためには、毎日20~35gほどの繊維質を摂ることが必要です。

繊維質の多い食品
  • かぼちゃ:100g中に2.99g含有
  • 食パン:100g中に2.55g含有
  • さつまいも:100g中に2.32g含有
  • じゃがいも:100g中に1.35g含有
  • リンゴ:100g中に1.63g含有
  • コーンフレーク:100g中に1~12g含有
  • いんげん豆:100g中に3.95g含有
  • そば:100g中に3.25g含有
  • 栗:100g中に4.92g含有
  • ひじき:100g中に5.49g含有
  • 納豆:100g中に3.84g含有
  • こんぶ:100g中に2.86g含有

2睡眠を充分に取りましょう

睡眠
睡眠は充分に取り、1日の疲労はその日のうちに取りましょう

31日3回規則正しい食生活を心がけましょう

食事
朝食を必ず食べ、一日三回朝、昼、晩と規則正しく、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

4ストレス解消を心がけましょう

スポーツ
長く続く緊張状態は避け、適度なレジャーや趣味でストレスを解消しましょう。

5緩下剤は正しく使いましょう

薬
緩下剤だけに頼らず、以上のことに注意して規則正しい排便を心がけましょう。

痔を予防するための10ポイント

痔になると死にたくなるので痔を予防しましょう

1毎日お風呂に入りましょう

お風呂に入って温まると血行が良くなりまたストレスの解消にもなります。清潔なおしりのためにも毎日お風呂に入りましょう。

2おしりはいつも清潔にしましょう

肛門は紙でこすらずに、排便後は温水洗浄便座を利用するか、お風呂のシャワーやお湯で洗い流しましょう。

3排便は短時間で済ませましょう

長くいきむのは肛門に負担をかけ、痔の原因になります。無理に出し切ろうとせず、2~3分以内ですませましょう。

4便意を我慢しないようにしましょう

便意を我慢していると便秘になりがちです。便意を感じたらすぐ排便する習慣を身につけましょう。

5便秘にならないようにしましょう

便秘になると固い便を出そうとしていきみ、切れ痔やイボ痔の原因になります。水分や繊維質の多い食事をとり便を柔らかくするよう心がけてください。

6下痢にならないようにしましょう

下痢は肛門部を重石、不潔にもなります。また最近による感染を起こし、痔ろうの原因になることもあります。

7身体を冷やさないようにしましょう

身体を冷やすとお尻の結構も悪くなり、痔を悪化させることがあります。

8長時間、同じ姿勢は避けましょう

立ちっぱなし座りっぱなしの仕事や長時間のドライブは肛門部の血行が悪くなりうっ血を起こしやすくなります。時々休憩をとり軽い体操を心がけましょう。

9アルコール、刺激物は避けましょう

強い香辛料は肛門を刺激し痔によくありません。またアルコールも度を超すと痔を悪化させてしまいます。

10医師の正しい診察を受けましょう

症状が治まっても自分で判断せず、医師に相談し正しい診断を受けるように心がけてください。似た症状で他の病気の場合があります。

公開時期未定

  • 【第13話】女性専用外来の口コミを探してみた話
  • 【第14話】女性に優しい松島病院の女性フロアの話

 口コミや感想、記事内容の指摘などなんでも投稿お願いします。★評価は検索結果に自動反映されます。ただしスパム防止のため投稿内容の自動公開はせずに確認後に公開しています。(ボク宛の質問は基本的に公開しません)
レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー
おすすめの記事