イケメンは4つの腎臓結石予防を意識している

腎臓は、血液中の老廃物をろ過して尿として排出したり、体内の恒常性を維持するなど、身体のさまざまな機能を担っています。この腎臓が欠けてしまうと、さまざまな症状や合併症を引き起こします。そのため、日々の生活習慣を管理することで、腎臓結石を予防することが推奨されています。では、どのような習慣が腎臓結石の予防に役立つのか見ていきましょう。

十分な水分補給

腎臓結石の最も重要な原因は、水分摂取量の減少です。水分の摂取が十分でないと、尿結晶が尿中に長時間滞留してしまい、より多くの尿結石が発生してしまいます。したがって、これを防ぐためには、結石が作られないように十分な水を飲むことと、作られた結石から逃れるために水を飲むことが重要です。約2Lの水を飲むことが推奨されています。

タンパク質にはこだわらない

尿路結石の危険因子の一つとして、タンパク質がよく知られています。動物性タンパク質は、日中のカルシウム、魚介類、尿酸の排泄量を増やし、尿結石のリスクを高めます。そのため、高たんぱく質食品の過剰摂取や、たんぱく質を意識した過剰な食生活を制限することが推奨されています。高タンパク食品には、魚、鶏肉、牛肉、豚肉などがあります。

体重を管理している

腎結石患者の62~83%が肥満に該当することを考えると、肥満は尿路結石と関係があると考えられます。したがって、肥満とそれに伴う代謝異常を考慮した体重管理が必要です。腎結石を予防するためにも、現在の体重が標準体重を超えている方は、食事や運動などで生活習慣を改善していきましょう。

塩分の摂取を制限している

塩分を摂りすぎると、カルシウムの排泄が起こり、クエン酸の排泄が減少します。そのため、腎臓結石を予防するためには、塩分の摂取を制限することが有効です。塩分を多く含む食品には、食塩、塩辛、化学調味料、冷凍食品、ハムなどがあります。塩分の多い食品を好んで食べている方は、食生活の改善を心がけましょう。

おすすめの記事