【禿ツボ】毛が生える!?薄毛に効くツボ

男性なら誰もが恐れるハゲ。自分の父親を見ていると不安でしょうがない、という方も多いのでは?また、すでに薄毛が気になり始めている方もいるかもしれません。めんどくさいから医者に行くほどではないけど、なんとか薄毛予防をしたいという方のために、自分でできる薄毛対策をまとめましたの。ぜひ試してみてください。

まずは生活習慣を正そう

抜け毛の原因のひとつに、血行の悪化があります。血行が悪くなると、髪の毛を作るために必要な栄養が行き渡らなくなり、抜け毛につながってしまうのです。血行を悪くする生活習慣は、主に睡眠不足、飲酒、喫煙の3つです。これらはいきなり改善しようと思っても改善できるものではありませんが、少しずつでいいので改善する努力をしていきましょう。3つとも薄毛の観点からだけでなく、健康・美容全般の面から見ても良くない影響を与えます。たとえばタバコに関しては、吸う本数を1本でいいので減らしてみる、吸う間隔をあけるなど、我慢するハードルを低くすることが継続のポイントです。「ハゲたくないから禁煙しよう!」と高い目標を設定しても、ストレスが溜まり成功しにくいです。薄毛対策はすぐに効果を実感できるものでのないので、継続していくのは大変なことです。しかし、この3つを整えていくことで、からなず将来薄毛予防に役立てることができます。

頭皮のツボ押しを行おう

さて、一番お手軽でお金もかけずにできるおすすめの方法がこのツボ押し。方法はとっても簡単。薄毛に効果のある百会(ひゃくえ)をいうツボを刺激します。このツボは、左右の耳を頭の真上を通るように結び、鼻を通る顔の正面の線と交わるところにあります。要するに頭の天井です。

このツボを、指の腹をつかって深く力を入れて押します。一回あたり数秒間かけてください。多くても20回くらいで十分です。一日数回でもいいので、毎日お風呂あがりなど体が暖まっている時に行ってください。頭皮のツボ押しは、自分で簡単にできる方法です。お酒やタバコを我慢するよりずっとハードルが低くて、精神的負担もありません。はじめは面倒に思うかもしれませんが、慣れると気持ちよくなるので、自ずと続けられるようになります。ぜひ試してみてください。

育毛剤を使おう

今薄毛が気になっている方はもちろん、将来の予防としても育毛剤は有効です。自分はまだ髪の毛がフサフサでいっぱい生えているという方も、育毛剤をつかって早すぎるということはありません。むしろ、薄毛が進行する前から育毛剤の力を借りておくことで、薄毛の進行を遅らせたり軽減したりすることができます。生活習慣が悪い方や、遺伝的に将来が心配な方は、ぜひ育毛剤を始めてみましょう。ただし、まだ薄毛が進行していないのに強力な育毛剤を使うと、刺激が強く逆に頭皮にダメージを与えてしまう場合があります。「エタノール」や「ミノキシジル」などの刺激成分が多い育毛剤は選ばないようにしましょう。また、「髪を生やす」などの謳い文句のものではなく、「頭皮の状況を改善する」「薄毛を予防する」ようなタイプの育毛剤を選ぶと良いでしょう。また、育毛剤ではなく、薄毛を予防する成分が入っているシャンプーやリンスを使うのも手軽でおすすめです。


U-MAより引用

禿げないために自分でできる努力まとめ

ほぼ全ての男性を悩ませる薄毛。まだ若いからとタカをくくっていると、あっという間に薄毛が進行してしまうかも。悪い生活習慣を改善していくように、すこしずつでいいので努力してみましょう。また、自分で手軽にできる一番オススメの対策は頭皮のツボ押し。育毛剤や、薄毛予防シャンプーの使用も有効です。薄毛になる前に、予防策を行って少しでも薄毛を軽減させましょう。

メンズ美容の疑問をなんでも解決!