【体験談】評判のアートネイチャーに薄毛を相談しに行った話

眉毛のモジャモジャを気にしていたあの頃、もう一つ気にしていたことがあった。
それはM字ハゲだ。

高校生の頃から僕のM字はM字だったのだが、最近なんとなくM字がさらにM字になったような気がしていたのだ。
まだそんなに気にしていなかった頃、僕は毎週のようにアートネイチャーに通っていた時期がある。詳しく語ることはできないが、つまり仕事だ。だからアデランスにもスヴェンソンにも見向きもせずアートネイチャーに行ったわけだ。

アートネイチャーとの闘い


そんなわけで、昼メシを食べ終わって一服しながらおもむろにフリーダイヤルに電話をかけてみた。僕の希望は新宿本店・新宿中央店・銀座店・池袋店あたりで今すぐ超最短で行けるところに向かいますと。しかし無情にもオペレーターの女性は3日後夕方か、来週明け以降になりますと。
え?そんなに混んでるの?

完全に僕は劣勢に立たされていたのだった。

まさかの体験できない事件

僕は何事にも控えめな性格なので、一押しの無料増毛体験には目もくれず、有料の「育毛体験コース」の希望である旨をお伝えした。すると、なんということでしょう。オペレーターさんはアートネイチャーへのご来店当日はカウンセリングのみだと言い出したのだった。
その理由はだいたいこんな感じ。

  • カウンセリングで施術内容を決めるから
  • 準備ができれば当日受けられるかもしれないが基本無理
  • アートネイチャーの増毛は検討してないのか、当日なんでも相談してください

つまりそういうことだ。
4,000円しか払わないで終わる体験者は手間だけかかるから、カウンセリングだけで見込み客かどうかの選別をしてしまえば1時間で処理できると。

したらば僕は行ってやろうと闘ってやろうと心の中で鼓舞したのだった。

アートネイチャーにカウンセリングを受けに行く


とはいっても僕のハゲ状況は普通に気になるので、プロの目で正しい判断をしていただきたく、アートネイチャーの都内某店舗へと向かった。大通りに面したビルで1階はドコモ。わき道にちょっとまがって銀行の入口にも見える部屋を通り抜けてエレベーターに乗り込む。そして僕はとうとうアートネイチャーの入口にたどり着いた。ドアは摺りガラスで店内が見えない。そりゃそうかと思いドアを開けると、目の前に無人の小さな受付カウンターがあった。キョロキョロしていると、受付の背側ドアから白衣を着た男性が爽やかな笑顔で僕にお待ちしておりましたと言いました。そして特に手続きをすることなくカウンセリング室へと通された。

戦慄のカウンセリング室 前編

アートネイチャーのカウンセリング室は大きな鏡がついた化粧台のような美容室みたいな席と、小さなテーブル席の2つが配置された結構広めな部屋だった。まずは鏡の前の席に案内され名刺をいただく。そして問診票の記入を促された。あまりのスムーズな案内に僕はいつものキョドリ癖が出てしまい、たどたどしかったに違いない。

空白の10分

問診票記入中、カウンセリング室は僕一人。どこかで監視されているのか不安になって壁や椅子や机、あらゆるところを見まくってしまったが、結局カメラらしきものもマイクらしきものもなかったと思う。いや思いたい。だって記入中ずっと独り言言ってたから。

お茶と男性と私

10分後、見計らったかのようにカウンセラーの男性はお茶をもって入室。僕の記入した問診票に一通り目を通し、いろいろ根ほり葉掘り質問攻めにあった。

だいたい内容はこんな感じ

  • 相談経験は?→はじめての相談だべ
  • 相談のきっかけは?→自分の意思で予約したっぺ
  • 他への相談は?→病院含めてほかで相談しとらんけん
  • これまで対策は?→特になんもしとりません
  • 何が心配で?→M字がいよいよM字になってきた気がしよるけ
  • メンタルチェック→人目が気になる、髪の話題に敏感、外出が億劫、ヘアスタイルがごまかしきれなくなったetcの選択肢から選択
  • タバコ・飲酒など
  • 家族には内緒?→まだ言っちょらんわ
  • 契約に家族の承諾は?→わがらん

そんな話を時にはボクはダラダラと、時にはテキパキとお茶を飲みながら、化粧台に席を移動して僕の頭を観察する男性カウンセラー氏。

この後、アートネイチャー氏から発せられた衝撃の一言が僕の心をズキュンと突き破ることになる。

戦慄のカウンセリング室 後編

ここに毛が生えてるのは稀に女性でいるぐらいなんですよ
このぐらいだと普通かもしれませんよ
「昔はもっと生えてました?」
「気にされている気持ちもわかりますけどね」

ん?

毛穴と毛の話

健康な頭皮と男性型脱毛症やその他の脱毛症の概要を説明され、ぼくの頭皮を目視で凝視する男性カウンセラー氏。

「健康な毛穴からは3本~4本生えているんですよ」
「薄毛を心配されている人の大半は男性型なんですけど」
「フケはでます?でも冬場は乾燥しがちだからとくに気にする必要はないかもしれないですよ」
「ヘアサイクルって知ってます?」

おもむろに白紙に図を描き始める男性カウンセラー氏。

  • 毛には毛周期というものがある
  • 成長段階で抜けると、毛の密度が薄くなり、薄毛に見えてくる
  • 毛の密度が薄く見える原因は、毛穴から1本しか出てなかったり、複数出ていても毛が細いから
  • 細い毛があったとしても、毛周期では必ずあることだから心配する必要はない。ただし、薄毛に見えるということは正常ではない毛周期の毛がいるのかもしれない

おおよそふーんという話だった。
それより僕の頭皮は一体どうなんだということが気がかりで憤りを覚え始めたころ、やっと男性カウンセラー氏はこう言い放ったのだった。

ハゲの審判

マイクロスコープで頭皮を200倍に拡大して見てみましょう
マイクロスコープを取りに行く男性カウンセラー氏。
そして僕の手元にはiPad。

「拡大画像がリアルタイムでここに出ます」

いよいよ判定が下される時が来た。

後頭部確認「3本とか出てますね」
頭頂部確認「ここもちゃんと生えてますね」
M字「他の部位と違って1本しか出てないところもありますね」
「全体的には頭皮環境も悪くないし、昨晩の洗髪からの時間を考えると、汚れもふつうだと思いますよ。何日も洗髪しなくても禿げてない人いるので、頭皮環境を整えるっていうのは毛を生やすことには直結しないので、このぐらいなら、毛穴を頑張って綺麗にしないとってほどではないです。」

なんと!

育毛体験コースのはずが

結論から書いてしまおう。育毛体験コースを申し込み、育毛体験を今日受けるか受けられないかの戦いに挑んだつもりだったのに、男性カウンセラー氏の華麗なトークによって、みごと僕の頭は汚れていないという審判が下された結果、増毛を勧められたのだった。

再び毛周期

    16歳頃をピークに徐々に密度は薄くなっていく(定量的にゆるやかな角度で下降する直線)

    いま30を過ぎて、薄毛が気になり出した(別線で30歳から急下降する線)

そんな絵を描きながら、男性カウンセラー氏は僕にアートネイチャーの神髄を伝授してきた。

育毛とは、急下降する線を一般的な線までできるだけ引き上げること

「育毛で急激にV字回復させることが期待できるものではないです。1年後どうなってますか?ってよく聞かれるんですけど、それは「わからない」としか言えないんですよ。当然、育毛を続けていれば生えます、とか、増えてます、とも絶対に言えません。言いません。」

これって自社商品完全否定じゃないですか?否定してないけど否定的じゃないですか?
と僕はこの時、育毛体験コースの存在意義を悟りました。

育毛体験コースの存在意義

「ただし、頭皮環境は確実によくなるので、環境を良くしたいならおすすめします」
男性カウンセラー氏はそんなものにお金払うのかと言いたげな顔でそう説明し、続けて僕にこう言ったのだ。
「増毛とは、毛穴から1本しか出てない自毛に毛を結び付けていくことで、見た目のV字回復をするもので、いますぐ見た目を、が希望なら増毛の方がいいですよ」

育毛?それとも増毛?

「どっちが希望ですか」
「分からないと思うから、増毛のサンプルお持ちしますね」

なんということでしょうか。
すでに育毛という選択肢は消え去り、いつのまにか増毛体験コースに突入する勢いです。

増毛サンプルが目の前に

「気にならなくなったでしょ」

たしかに僕の悩みは一気に解決してしまった。
しかしやはり内心納得がいかない僕。

増毛って永久ですか?とようやく反撃を開始したのだが、周到に用意されたサービスの全貌を垣間見て背筋が凍ったのは言うまでもない。

「結びつけた毛が抜ければ当然抜ける」
「自毛が育てば結び目位置が上にあがる」
「だから1~2ヶ月に1回修正・追加を繰り返していくイメージです」
「カット・カラー・パーマもやってるから、みなさんその頻度で来店して同時にケアしに来てますよ」

そうだ、実に通いやすい頻度。床屋に行くのと変わらないじゃないか。
もう今すぐ決めてしまおうかと思ったぐらいだ。

アートネイチャーへの反撃の時

反撃材料は何かないのか、必死で考えた結果、育毛の質問をすることにした。
「育毛サービスの話も聞かせてくれませんか」と。

育毛が憎い

「育毛では毛包に幹細胞を注入します」
「幹細胞ってしってますか」
「幹細胞って毛をつくる細胞の素みたいなもので、これがないと毛が生えません」
「この幹細胞を毛穴から塗り込みます」
「だから毛穴は綺麗な方がいい。でもあなたぐらいならそんなに綺麗にすることにお金をかけることは重要じゃない。」
「あと、カンカエキスっていうのも注入します」
「男性ホルモンと、ある酵素が結び付くと男性型脱毛になるっていわれていてカンカエキスっていうのは男性ホルモンと酵素が結び付かないようにする成分です」
「この2つの成分で、男性型脱毛に対するアプローチと、毛をつくるためのアプローチをしていくことで抜け毛の進行を遅らせるというか、環境を整えて通常の進行に引き上げようとします」
「あくまで毛量を持ち上げてくイメージ。V字回復はしない」

「そんな育毛には2種類方法があって、サロンケアとホームケアがあるんだ。サロンケアはリラックスできたり、しっかりできるメリットがある。でも月1~2回の来店が必要だし、月1~2回しかケアできない。ホームケアは同じ成分を自宅で使えるから、どちらかならホームケアの方が毎日できる分いいと思うよ」

なんとここでもお店に来るな攻撃をされてしまった。
そんなに育毛コースが憎いのか。

売れないじゃない、売らないだ。

「予算はいくらぐらいで考えてました?ベーシックなプランだと1回15,000円ぐらい、季節ごとに内容が変わる充実したプランだと1回20,000円ぐらい、1回やって何ヵ月も空けたら意味がないので毎月1回、12ヶ月コースになってます。だいたい奥さんの美容室代と変わらないぐらいだと思いますよ。」

・12ヶ月一括払い:162,000円(1回13,500円)
・12回払い:15,400円

「1回あたり13,500円なので162,000円の契約です。無理なく払いたいということであれば、12回払いにして15,400円。体験したいってことであれば5000円で体験できます。体験時に契約すれば無料にするので、計13回で162,000円増毛でもたぶん1500本ぐらいだと思うので、おなじぐらいだと思いますよ」

なんと最後まで増毛推し。

アートネイチャーに敗北した僕

育毛体験したくて予約したのに、2時間みっちり話をして増毛の提案を受けておしまい。
一体なんだったのかなあ。

あれから数か月、アートネイチャーから営業電話が来ることもなく現在に至っている。

アートネイチャーから封筒が届いた話

新年早々、送付元不明の謎の封筒が届いた。
今写真をよく見てみたら、うっすら中身が見えていたことに気が付いたけど、ウソ偽りなくその場では謎だったので謎の封筒で間違いないです。

メンズ美容の疑問をなんでも解決!