【男の簡単イメチェン】垢抜ける男に印象を変えるなら眉メイクにチャレンジ!

顔の印象のなんと8割が眉でできているってご存知でしたか?眉の手入れとして一般的なのはハサミを使った眉のカットですが、自分でカットしようと思っても形や長さを整えるのも左右対称にするのも非常に難しいですよね。そんなときにおすすめなのが眉メイク。眉毛のメイクなら万が一失敗してしまってもやり直しができるし、家で何度でも練習できます。自分では上手にカットできない人、または眉カットを失敗してしまった人にもおすすめの、簡単にできる眉メイクの方法をご紹介します!
※12/4訂正:「印象を8割変化させる眉」というのは個人的見解でウソ認定することになりましたので訂正いたします

眉スタイリングは失敗しても大丈夫?

眉毛ごとき失敗しても3か月後には元通りなので、気にせず自力チャレンジしてみるのもありだと思いますが、やっぱり3ヶ月は待てないよ!という男性はプラスエイト粋華男製作所などの眉スタイリング専門店でやり方を盗んでくるのが上達の近道だと思います。自己投資額としては1万円以下。メイク道具をむやみに揃えたらそのぐらいかかるので、決して高くない投資です。

まずは余分な毛をカット

眉毛を書く前に、難しいといっても余計な毛をカットするのステップは避けて通れません。と言っても以下の毛をカットすればそれで十分です。

  • まぶたに生えている毛
  • 眉毛と眉毛の間の毛

多少切りすぎてしまっても、次のステップで眉毛を書いていくので大丈夫です。
眉上の毛は、自分で上手くカットするのは難しいですし、上の写真のように多少まばらでも男性の場合はあまり気になりません。眉毛がつながっているとかっこよくならないので、眉毛と眉毛の間の毛はしっかりカットします。

眉を書くのにおすすめのアイテムは?

資生堂インテグレート アイブロー&ノーズシャドー 1,200円(税抜)

眉毛マイクというとペンシルタイプのものを想像する男性も多いと思うのですが、自生の間でいま主流なのがブラシを使って書くこの粉タイプのアイブロー。ペンシルタイプのものと違って、失敗しにくく自然に決まるのが嬉しいところ。3色セットになっていて、ブラシは両端使えるタイプで、書くのもぼかすのもこれ一本。髪が暗めの人はBR631という色を、明るめの人はBR731を購入するのがおすすめです。全国のドラッグストアや化粧品販売店、資生堂のオンラインショップ(全品送料無料)で購入できます。

資生堂のオンラインショップでは、こちらの顔を出さずに無料でメイクの相談ができますので、試してみるのもいいかもしれません。

キャンメイク ミックスアイブロウ 600円(税抜)

こちらの資生堂インテグレートのアイブロー同様、三色セットのブラシタイプのアイブロー。インテグレートの半額で買えるので、お得感がありますね。こちらも全国のドラッグストア、またはキャンメイクのオンラインショップでも購入することができます。

おすすめはこの二種類ですが、ほかのメーカーのアイブローでも構いません。ただ、色が3色セットで、ブラシタイプのものを強く推奨します。

いよいよ眉毛を書いてみよう!

ではいよいよ眉毛を書いてみましょう。
簡単におしゃれ眉毛を書くステップを解説していきます。資生堂インテグレートのものでも使い方は同じです。男性の眉は女性の眉に比べてしっかり生えていることが多いので、基本ものすごく薄いメイクで大丈夫です。薄すぎるくらいから練習して、だんだん濃くしていくとうまくいきます。

  1. 大きいブラシ部分を使って、眉全体に濃い色のアイブローをのせます。濃い色二つを使う分だけブラシで混ぜながらとって、自分の眉毛に合う色を作りましょう。眉毛がしっかり生えている人は、眉が生えていない部分やまばらになっている隙間のところを埋めるようなつもりで書きます。
  2. 先ほどのブラシとは反対側の、毛が短くしっかりしたブラシを使って眉尻を濃いアイブローを使って書きます。
  3. 一番薄いアイブローを太いブラシでとり、眉全体にのせます。不自然に濃い部分ができないようにブラシで眉を整えていきます。

これであなたも垢抜け顔!

眉毛を自分で整えるのって難しいですよね。ハサミを使った眉カットも失敗すると悲惨なことに。
ペンシルタイプでは難しい眉メイクも、粉タイプのものを使えば誰でも簡単に自然な眉を作ることができます。ナチュラルメイクが人気の今、女性の間でも粉タイプのものが主流になってきています。あなたもぜひおしゃれな眉メイクを実践してみてくださいね!

メンズ美容の疑問をなんでも解決!