メンズメイク道具
メンズメイク道具
男性のメイクについて質問させてください。
私はごくわずかなメイクをしていますが、質問があります。

メンズメイクの質問です。

私のメイク道具は、カラーローション、BBクリーム、コンシーラー、アイブロウペンシルです。

私の顔は少し白いのですが、BBクリームをつけるととても白くなりました。

やってみないとわからないので簡単に教えてください。

はじめまして。

男性用のBBクリームは、男性の本来の肌色よりも明るいものや暗いものが多いですよね。

顔だけが青白く見えてしまうケースが多々あります。

なので、メイクアップアーティストや放送局で働いている人は自然に塗っています。

私は普段、BBよりも濃いめのリキッドファンデーションを使っています。

BBよりもファンデーションの方が肌色に近いので、使ってもなかなか取れないんですよ。

似たような男性用の化粧品があるかどうかはわかりませんが、私の場合、男性用の化粧をするときは

濃いめのリキッドファンデーションで、普段は明るいトーンのものを混ぜて使っています。

とても自然な仕上がりになります。

参考までに、以下にメンズメイクの方法をご紹介します。

メンズメイクの方法

まず、男性がメイクをするときに目立たないようにすることが最も重要です。

メイクを習った人と習っていない人の違いは、肌色をいかに合わせるかにかかっています。

特に男性の場合は、濃いめのハーフトーンか、顔色に近い色を使うといいですね。

雨が明るいと顔に出てしまうと思います。

だから、男性はBBファンデーションよりも濃いめのファンデーションを混ぜるのが自然なんです。

市販されているBBファンデーションを必ず使う場合は、濃いものでテストしてから使うようにしましょう。

メンズメイクのやり方は、以下で詳しく説明しますね。^^

ベースメイク

まず、スキンケア、つまり化粧水で肌を保湿することです。

そうすれば、メイクが崩れませんからね。

ファンデーションと保湿クリームを適量混ぜます。男性の場合、女性に比べて肌の色が1〜2トン暗いことが多いので、色選びには注意が必要です。自分の肌の色に合ったファンデーションを選びましょう。

一般的に男性の場合、自分の肌よりも半トンほど暗い色のファンデーションが良いと言われています。これは、顔が小さく見え、健康的に見えるからです。ファンデーションの量を見れば、一目瞭然です。モイスチャークリームと白い化粧下地を2倍近く混ぜるのがおすすめです。

そうすれば、近くで見ても自然なメイクになります。

男性も乾燥と保湿を考えるべきです。メイクをする前にまず洗顔し、スキンローションを塗って吸収させます。

乾燥していると、化粧をした後に肌がカサカサになりやすいです。男性は女性と違って頻繁にメイクをしませんし、別に角質除去もしません。そのため、1回目の洗顔時には、化粧水とローションを十分に浸透させ、さらに2~3回追加します。それを肌が滑らかで弾力のあるところまで塗ってから、ベースメイクを始めます。

さすがに肌の質感に合わせて内側からブラシを当てて、コンシーラーが必要なところを見せないように軽く塗っていきます。男性のメイクは小さなシミを無視した方が自然です。

ベースメイクが終わったら、パウダーを塗るべきですが、ドライな男性なら省略し、オイリーな男性にはほんの少しだけパウダーを塗ります。塗りすぎるとおかしくなります。

アイブロウ

眉毛は男性のメイクアップにおいて重要なステップです。特に、眉毛が少なかったり、濁っていたりする男性がいますが、眉毛をはっきり描くだけでも印象は大きく変わります。まず、エボニーペンシル基本的な眉の形を整えます。眉毛の下の部分があまりにも汚い場合は、トリミングするといいでしょう。日本ではほとんどの若い男性が眉を整えている時代なので、40代もやった方がいいです。

次に眉の穴になっている部分をエボニーペンシルで埋めます。また、眉毛の形が大きく違う場合は、似たような形で描きます。

リップ

チークやアイシャドーを省き、透明なリップグロスを塗ります。テカりが気になる場合は、リップクリームを塗ると良いでしょう。

おすすめの記事