イケメンは食べないリスキーな食品添加物ベスト10

知らず知らずのうちに食べている食品添加物
食品の調理、加工、保存などに使われる食品添加物。健康に良くないことはよく知られていますが、ほとんどの加工食品に添加されているため、単体で作って食べるのでなければ、食べないようにするのは難しいですよね。食品添加物で味がなまってしまうと、食べ過ぎると副作用が懸念される化学調味料を探し続けることになります。

また、幼児が化学調味料をたくさん食べると、集中力が低下するなど、免疫力が低下するという報告もあります。化学調味料、つまり食品添加物に慣れれば慣れるほど、私たちの体は病んでいくのです。では、あなたが毎日食べているかもしれない食品添加物にはどんなものがあるのでしょうか。

目次

防腐剤

防腐剤は防腐剤とも呼ばれ、ほとんどの加工食品に添加されている食品添加物で、細菌の繁殖を抑えて食品の腐敗や劣化を防ぐ目的で使用されています。水産物、たくあん、しょうゆ、ケチャップ、発酵乳、チーズ、パン、菓子、マーガリン、乳酸菌などの防腐剤には、ソルビン酸カリウム、プロピオン酸ナトリウム、安息香酸ナトリウム、香料のパロキシンなどがあります。これは、アソビ酸と反応してガンを発生させたり、目や皮膚、粘膜を刺激したりします。また、染色体異常、てんかん、けいれんなどを引き起こすこともあります。

人工甘味料

砂糖の代わりに使われる人工甘味料は、砂糖の数百倍の効果があるといわれる甘味料系の食品添加物です。アスパルテーム、グリシリスチン酸ナトリウム、ダルシン、シクラミン酸、サッカリンナトリウムなどが代表的な人工甘味料で、清涼飲料水やゼリー、アイスクリーム、合成みそ・しょうゆ、菓子、ガム、アイスフルーツなどによく使われています。人工甘味料を大量に摂取すると、脳や骨に異常な反応が起こり、肩こりや痙攣、消化器系や腎臓系の疾患を引き起こす可能性があります。

発色剤

着色料とは、食品をよりおいしく見せるために着色する物質。タール色素(黄色4号、5号)、亜硝酸ナトリウム、リンゴ酸ナトリウムなどが代表的な着色料で、チーズ、バター、アイスクリーム、スナック菓子、キャンディー、ソーセージ、プリン、ハム、魚製品、果汁などによく使われています。黄、赤、緑などの人工着色料の製造過程では、有害な化学物質が人体に入りやすく、長期的に摂取すると、がんや肝臓、血液、腎臓、脳などの障害を引き起こす可能性があります。また、貧血、呼吸機能の低下、発熱、意識障害などが起こることもあります。

膨張剤

パンやお菓子の体積を膨らませるために使われる化学物質。ベーキングパウダー(炭酸ナトリウム)が代表的なもので、パンやお菓子、チョコレートなどの膨張剤として広く使われている塩化アンモニウムの場合は、満電池やセメント、肥料、ゴム、接着剤などに使われる工業用素材でもあります。長期間服用するとカドミウムや鉛などの重金属中毒を起こす副作用が懸念され、ヘモグロビン貧血や嘔吐などのリスクが高まります。
酸(アシッド
食品に酸味を加えるために、酒、清涼飲料水、パン、スナック菓子、ゼリー、アイスクリーム、ソース、漬物、缶詰などに使用されており、乳酸ナトリウム、プマル酸、フマル酸などが酸成分です。大量に摂取した場合の人体への影響としては、急性出血や赤血球の減少などがあります。
発色剤
食品をおいしそうに見せるために発色剤が使われるなら、色をはっきりさせるために発色剤が使われる。亜硝酸ナトリウムは代表的な発色剤で、様々な食品、魚介類、野菜、果物などに使用されています。大量に摂取すると、ヘモグロビン貧血、呼吸機能の低下、急性嘔吐、発熱、意識障害などの副作用が起こること、また硝酸ナトリウム自体が致死量1gの強毒性であることから、乳幼児は特に敏感になるという研究結果が出ています。

酸化防止剤

酸化防止剤。脂肪分や糖分を含む食品の酸素による劣化を防ぐ化学物質。BHA、BHT、エルソルビン酸、エルソルビン酸ナトリウム、クエン酸などが酸化防止剤であり、クラッカー、スープ、ショートニング、食用油、バター、塩魚、酒、ジュース、バター、チーズ、清涼飲料水、ネクター、ジャム、キャンディー、アイスクリームなど様々な食品に使用されている。大量に摂取した場合の人体への影響としては、がん、コレステロール、染色体異常などが挙げられる。

漂白剤

漂白剤はブリーチとも呼ばれ、食品の色を白くするために使われる化学物質で、硫酸漂白剤、亜塩素酸ナトリウム、過酸化水素などがあります。スナック菓子、パン、アイスクリーム、かまぼこなどのほか、サクランボ、ブドウ、モモなどの一部の農水産物にも使用されています。大量に長期服用すると、神経・循環器系の障害、胃粘膜刺激、気管支炎、喘息、遺伝子障害、染色体異常などの副作用が生じることがあります。

殺菌剤

殺菌剤、食品を殺菌するための薬品です。漂白剤、次亜塩素酸ナトリウム、酸化エチレン、サラシン維持は殺菌剤に属し、豆腐、魚肉製品、ハム、ソーセージ、野菜、果物、シッケ、飲料の製造に使用される。長期間服用すると、皮膚炎を起こしたり、睾丸を収縮させたり、がんを引き起こす可能性があります。

乳化剤

乳化剤は、水と油を混ぜ合わせる役割があるが、濃縮性を高めたり、パンを柔らかく美味しくしたり、保存期間を長くしたりする効果もある。グリセリン脂肪酸エステルは代表的な乳化剤であり、パンやケーキを作る際には欠かすことのできない代表的な添加物です。また、豆腐には0.1〜0.3%程度の乳化剤が含まれており、スパゲッティやラーメンなどの麺類やコーヒーミックスにも含まれています。乳化剤は、他の栄養素の吸収を妨げたり、発がん物質の生成を促進したりします。

これ安くてそこそこ良かったよ!

役に立ったらシェアしてね!
目次
閉じる