メンテナンス中のため表示が崩れています

【第1話】男性の老化の原因を徹底的にわかりやすく解説します(いずれ図解予定)

老化の原因を調べている男性の大多数はすでに老人であるとボクは推測して解説します。つまり[bgcolor color=”yellow”]老化の原因を知っても後悔せずに前向きな気持ちで明日が迎えられるような素敵な解説になるよう心がけてまいりたいと思いました[/bgcolor]のでよろしくお願いします。ただし今はまだ図解予定なので図がありませんので分かりづらいかもしれないですごめんなさい。[bgcolor color=”yellow”][color color=””]イケメンで居続けるためにはコレ重要[/color][/bgcolor]なのです。

[common_content id=”3321″]

目次

老化の原因

たいていの男性が老化で思い悩むことがあるとしたら見た目が老けた思ったよりも体が動かなくなった体験をした時ではないかと思うのですがみなさんどうですか?

実際のところそう感じた老化現象ひとつひとつは[bgcolor color=”yellow”]「すべて何かと相関関係のうえで現れた老化現象」なので、根源的な老化の原因とはなにかを追求するのは哲学に等しいことでもある[/bgcolor]とボクは考えています。

老化の原因は大きく分けて4つある

では早速「見た目の老化」を例に原因をほじくり返していきます。

見た目が老化したと実感した理由は顔にシワとたるみができたからです。シワやたるみは筋肉の減少によって引き起ってしまいました。筋肉の減少は細胞分裂やたんぱく質の生成力が衰えてしまったからです。

たんぱく質の生成力が衰えたのは内分泌の低下が原因です。[color color=””]内分泌とはつまりホルモン[/color]。

ホルモンは男性ホルモンや女性ホルモンとざっくり言われることが多いやつでいわゆる[bgcolor color=”yellow”]更年期障害に大きく関わっています。[/bgcolor]

これぐらいが前段の説明です。だいたい老化の主要な原因を2つほど入れたつもりです。ここまでで終わっても充分満足できたんじゃないかと思われますが、ボクは徹底的にわかりやすく解説すると宣言しているので続けます。

ホルモンの低下

ホルモンの低下はすなわち身体の機能低下に影響を与えているワケですが、[bgcolor color=”yellow”]このホルモンは心の持ちようで増減してしまう[/bgcolor]ので仕事や家庭や学校などで受ける日常のストレスの大小はかなりの割合で老化の進行に関わってきます。

また[bgcolor color=”yellow”]ストレスは腸内フローラつまり腸内細菌に異常を与えてしまう[/bgcolor]ため、食事の消化力にも差が出て便秘になったりするともはや肌荒れの原因です。

都市伝説的に便秘で死亡するというのもネット検索すれば本当にあったニュースだと気付けるはずです。

先月30日付の英紙「Cornish Guardian」によると、便秘の悪化により帰らぬ人となってしまった少女とは、コーンウォール州トゥルーロ出身のエミリー・ティッタリントンさん。彼女がこの世を去ったのは2013年2月のことだが、今年になって死因審問(死因が不自然な場合に行われる審問手続き)が開かれ、エミリーさんの直接の死因とされる心臓麻痺が、実は便秘に起因するものであることが確認されたのだ。

つまり消化の悪い食べ物も[color color=””]地味に身体に負担をかけていく[/color]わけです。

ちなみに便秘は大腸がんのサインかもしれないので便秘にならないように生き抜く方がいいに決まってるってことですね。

これだいたい3つめの説明です。で、4つ目最後の説明。

環境ストレスは免疫機能や内分泌の低下を引き起こして筋肉をつくらなくなってシワやたるみが増えると説明しました。
さらに身体に蓄積されていくダメージが[color color=””]①[/color]有害重金属の摂取[color color=””]②[/color]酸化[color color=””]③[/color]糖化なのでした。この蓄積ダメージ系はシワやたるみに影響なさそうな気がしてしまいますが、[bgcolor color=”yellow”]継続は力となってボクたちワタシたちの身体に影響を与えてしまう[/bgcolor]ので、できれば[color color=””]抑えた方がいい[/color]のです。主に食生活や紫外線で溜まるものなので、[bgcolor color=”yellow”]意識していれば増加スピードを抑えることができます。[/bgcolor]

老化の原因まとめ

なんにしても中核はホルモンで間違いないと医者でもない素人のボクが断言するので、[bgcolor color=”yellow”]ホルモンをコントロールすることができれば老化スピードを著しく緩やかに[/bgcolor]もしくは抗うことができるかもしれないのでした。※ボクは医者ではありません

そして反対向きに簡単に説明すると、老化の原因は外部からの蓄積ストレスとして「酸化」「糖化」「有害金属など有害物質の蓄積」、環境的ストレスとして「メンタルストレス」「腸内細菌類のバランスの乱れ」、体内機能低下として「内分泌低下とバランス異常」「「免疫機能低下とバランス異常」、そしていろいろなものが絡み合って「遺伝子損傷」「体組織や細胞の機能低下」から、がんや糖尿病や生活習慣病などの疾患、見た目や身体の機能低下や寿命といった老化につながるのです。

[common_content id=”3428″]

[common_content id=”3104″]

[common_content id=”3109″]



目次
閉じる