イケメンが実践するモテテク

たとえば、好きな女性に振り向いてもらうために「自分には似合わないしこんな服を着たくないんだけど」と思いながら、その女性のために無理をして虚像を作って振り向いてもらえたところで、あなた満足できますか?

相手に好印象を抱かせる服装

初対面で相手に好印象を抱くかどうかで、その後の関係というのは大きく変わっていきます。自分の好みの服装をしているから、もしくは、ツボを押さえているから、それだけで相手に好印象を抱く。身も蓋もないように思えますが、自身を振り返ってもよくあることですよね(笑)ですからフェチズムというのは決してバカになりません。

女性を惹き付ける服装

女性はそういった上辺はすぐに見抜きます。そして、これが自分のスタイルだ…と言えるものはないのかしら、と、結局は物足りなく感じていくようになります。

相手に好印象を与えるポイントは二つです。一つは清潔感。自然と滲み出る魅力や自信…プラスのオーラと言ってもいいでしょう。ドレストダウンした格好であろうと、ブラック系の格好であろうと関係ありません。逆に言えばスーツ=清潔、というわけでもありません。

着こなしている事が大切で、似合っていなかったり、だらしなかったりすると、女性はすぐに「この人、勘違いしてる」と気付きます。自分の為に無理をしてくれるのは、それはそれで嬉しいのですが、「勘違い」はいただけません。

そしてそれは、そのまま二つ目のポイントにも繋がります。相手に好印象を与える二つ目のポイントは、一緒にいる相手に恥をかかせないことです。

TPOに応じて、場の雰囲気を壊さない服装を選ぶのはもちろんですし、相手の女性の隣にいそうな人達の間で、浮かない服装を選ぶのも大切です。言ってみれば、好きな女性の隣にいそうな…その女性にお似合いの男性像を思い浮かべて、自分もその格好をすればいいのです。

この時に、自分を偽らない…というのが重要です。見栄ほど、周囲から見ていて見苦しいものはありません。“誰か”の視線を気にしすぎているからです。完璧を目指さず、今の自分に似合う…自分の好きな格好で、それでいて相手を不快にさせない服装を選びましょう。

相手の為に出来る、今の自分にとって精いっぱいのオシャレ、それこそが、あなたのモテ服・モテコーデです。そして、そんなあなたの誠意を感じ取ってくれる女性こそ、あなたにふさわしい方だと思います。

スーツと眼鏡

もちろん、女性が男性に求めるものは人によって十人十色です。しかし、実際「萌え」や「フェチ」は存在します。その中でもメジャーなフェチズムが「スーツフェチ」と「眼鏡フェチ」です。

どちらも、「仕事が出来る」「知的」「穏やか」「厳しさ」「こだわり」を連想させ、そのような「しっかりした」男性が自分にだけ見せる隙、話の面白さ、というギャップに強く心を惹かれるようです。

この場合の隙とは、「ネクタイを緩める仕草」「眼鏡を外す仕草」「眼鏡が曇ってしまって戸惑う姿」などで、どれもありふれた日常のひとコマです。

スーツを着ている、眼鏡をかけている、それだけで先行するイメージがあり、普段の自分は好ましいギャップとして写る。ビジネスパーソンとしての仕事服で、相手に好印象を与えられるのであれば、利用しない手はありません。

ただし、フェチズムに対しては強いこだわりが相手にあるのもまた事実。スーツに関しては、アイロンのかかっていないしわくちゃのシャツや、刺繍がほつれているネクタイは論外です。仕事をしている時同様、清潔感を大切にしてください。

アイロンが苦手なら、クリーニングを積極的に利用してみてくださいね。また、眼鏡も、ホコリや指紋で汚れていると魅力が半減してしまいます。

清潔な格好をしていれば、コーディネートに多少難があっても問題ありません。むしろ、それを口実にして、女性にアドバイスをお願いしても良いと思います。

こだわりがあるからこそ、自分の手で更にステキなスーツパーソン、眼鏡男子に仕立て上げたい…という欲望は、女性の側にも少なからずあるものだからです。

どんな服装にしようか迷った時は、敢えてスーツとネクタイ。ただし、身なりをきちんと整えて。勝負スーツ、勝負眼鏡、勝負コーディネートを、あらためて用意してみてはいかがでしょうか。

次のページでは、好印象を得られる喋り方と印象の操作方法を教えます。

更新予定
トークだけで美人を落とす方法
会話がつまらないと、顔がイケメンでも、お金を持っていても、スポーツができてもつまらない男と思われてしまいます!
更新予定
モテない男とモテる男のLINE文章の違い
既読スルーされ続けた男が、たった3週間で好きな女性を振り向かせた連絡の取り方とは?

おすすめの記事