メンテナンス中のため表示が崩れています

イケメンは目がデカいに違いない!

イケメンはたいてい目ヂカラがあります。

反面、非モテの非イケメンはまぶたが重く目が小さい(眼瞼下垂)ことが多いので、眉毛で印象を変えるのと同時に目が大きくなる(開く)ような審美的な意味合いも兼ねて機能的な部分を改善する目元の整形手術をするとよいでしょう。

運が良ければ眼瞼下垂は保険適用できるので片目2万円で済みますが、審美的な面を重視するなら二重手術などで評判の美容クリニックに依頼した方が良いです。ただし5倍ぐらいはかかります。

ちなみに眼瞼下垂とは、上まぶたの力が弱いために上まぶたが垂れ下がって目が小さく見える症状を指します。一般の人の場合、自然に目を開けたときに黒目の80〜90%が見えるはずですが、眼瞼下垂の症状があると目を開けてもまぶたが目の多くを覆ってしまい、眠そうに見られます。だいたい5割を切ると保険適用してもらえます。(記憶が曖昧)

男性の重い(厚い)二重まぶたは周囲の人にしつこい脂ぎった印象を与えている可能性があります。

男性の外見の基準も大きく変わってきています。

以前は男らしい容姿が好まれていましたが、最近は “きれいめな人 “という傾向に変わってきています。

そのため、男性が目を大きくしようと思ったら、女性のようにとにかく二重瞼にするのではなく、 既存の目の形を活かして自然に目を大きくするような一重や奥二重を活かしたやり方の方が良いかもしれません。

それでも名医にあたれば目元はすっきりはっきり透明感のある涼しげな目になると思いますし、眉毛をきちんと整えることで目まわりは完璧にイケメン化するでしょう。

このやり方であれば無理に二重まぶたのラインを作る必要がないので違和感もありません。なにより目の機能を向上させることができるのと、眉毛と目の間隔が狭くなるので目ヂカラが激増してしまい、少なくとも「目元だけイケメン」にはなれることが確定します。

まだ目の手術はちょっとなー、と思っているなら眉毛は整えた方が良いですよ。

目次

口コミや評判をチェック

稀に目ヂカラと関係ない情報の場合があります



目次
閉じる