イケメンが実践するモテテク

「モテる男=イケメン」だけが知っている、女子ウケ最高のモテテクがあるのをご存知ですか?知ってしまえば簡単なことばかりなので、イケメンなかっこいい男に憧れているなら今すぐ実践してみましょう!

いろんなハウツーも参考に厳選した20のモテテクニックをご紹介します。
ちょっと多いと思うかもしれませんが、これでもかなり厳選したので頑張って読んでください。

1自分が車道側を歩く

イケメンなボク
女性が「守られている」と感じてくれます。

自分がさりげなく車道側に行くことで、女性が「守られている」と感じてくれるというとってもシンプルなテクニックです。

さりげなく女性の後ろに回り、後ろから二の腕辺りを優しくつかんで車道側から歩道側に移してあげます。このボディタッチにキュン、とする女子多数です。

女性と並んで歩くときは、友達でも同僚でもかまわず実践した方がいいですよ!

2小さな変化をとにかく褒める

イケメンなボク
女性は「私のことをすごく見てくれている」と感激してしまいます。

前髪を少し切った。髪型を変えた。いつもと違うメイクをしている。洋服の雰囲気が違うなど、小さな変化に気づく男はポイントが高くなります。

「そのスカート可愛いね」より「その上品なスカート、○○さんらしいね」「明るい色がやっぱり似合うね」の方が、より心に響くと思いませんか?

ただし、褒め方には良い褒め方と悪い褒め方があることを理解したうえで、「良い褒め方」をする方が何倍も効果的です。

3話の聞き出し方を意識する

イケメンなボク
女性は話を聞いて共感してもらえることが嬉しいものです。

決して、話が上手である必要はありません。また、雰囲気のある男がペラペラ喋りまくっていることもあまりありません。

愚痴ならただ聞いてあげる、それだけでいいのです。決して解決方法を聞いているわけではないのです。女の子の話には結論がなく、だらだらと続く場合も多くあります。心理をよく理解することです。

相手が話しているスピードに合わせて頷いたり、「なるほど。…そうなんだ」と、語尾を繰り返したりするだけでOK。動作も同様に、相手がお茶を飲んだら自分も飲み、手を組んだら自分も手を組めばOKです。

4マメに連絡を取る

イケメンなボク
マメな男性はとにかくモテるのです。
LINEやDMをこまめに返す男性は、女性から気にしてもらう率も上がり、連絡が来やすくなります。
クールなメールでもモテるのは、本当にイケメンかお金持ちだと思ってください。あなたはイケメンでもお金持ちでもありません。
単なる事務連絡にならないように注意してください。恥ずかしがらずに絵文字、スタンプを駆使して気持ちを表現した連絡をするようにしましょう。

普通の男性がモテようと思ったら、会いたい、楽しかった、大好きだよなどと気持ちをダイレクトに伝えることが大事なのです。

5小さなありがとうを伝える

イケメンなボク
「ありがとう」は多少しつこいぐらいが丁度良い。

心の中だけで感謝をしていても相手には伝わりません。感謝は言葉にしてこそ伝わるものです。感謝の気持ちを伝えるときには、素直で身の丈に合ったシンプルな言葉で伝えましょう。

●お礼の言葉「ありがとうございます」「ありがとう」
●相手の具体的な行動「●●をして下さって」「●●のおかげで」
●自分がどのようにうれしかったのか? 「難題を解決でき安堵した」「前向きに考えられるようになった」など

3つのポイントを伝えるようにしましょう。

6女性の好きそうなところへ連れていく

イケメンなボク
女性はロマンチックなシチュエーションを望んでいる。

モテる男は、女性はどこに連れて行けば喜ぶのかをきちんと把握しています。そのために、マメに連絡を取るのです。

日ごろから女性が好むスポットを仕入れておき、かつ日々のLINEやメールを通して、彼女が行きたいところを探っておく、これがモテる男性とそうではない人との違いです。

友達との会話の中で、自分のいい話が広がっていくと、イメージアップにもつながりますますモテるようになります。

7敢えて少しだけ会う時間を作る

イケメンなボク
気楽なプチデートで一歩引いた演出を。

そもそも人間の集中できる時間は1時間半くらいしか続きません。それ以上同じ相手といると、集中力がとぎれてしまい、疲れた表情が出てしまうこともあります。
だからこそ、2~3時間のプチデート。

女子
あれっ、これで終わっちゃうの?

女子
もうちょっと、話したいのに・・・

一日会うとなるとお互いに身構えてしまいますが、少しの時間ならば誘いやすいですし、相手も気軽に会う返事ができる利点があります。いきなり一日はハードルが高いという男性は試してください。

相手の中に残念な気持ちを作ることができる、食事だけ、お茶だけ、のようなプチデートは重要です。

8落ち込んでいる時に元気づける

イケメンなボク
相手に寄り添う姿勢がモテポイント。
相手の「希望」を知っていれば、相手の望む「提案」が出来ます。

落ち込んでいる姿を見せるということは、あなたに元気づけてもらいたいから。

イケメンなボク
元気出せよ

と言ってくれる、落ち込んでいることに気づくだけで、女性は自分のことをきちんと見てくれている、と感じてくれます。

元気づけようとする時、モテる男は無理に相手を明るくさせようとはしません。元気出せよ、というようなシンプルなセリフを述べるだけ。泣いている時は黙って側にいるだけです。

9ドアを開けてあげる

イケメンなボク
女性は「気分はお姫様」に憧れている。

一緒に遊びに行く時、モテる男性はドアを開けてあげるのです。簡単にできることなのですが、これをするのとしないのとではかなり好感度に差が出ます。

男性の為にドアを開けてあげても、たいして喜んでくれたり、感謝してくれるこはないですが女性の場合はほとんどの人が喜んでくれます。

10重い荷物を運んであげる

イケメンなボク
女性は「軽々」「さっと」「さりげなく」に憧れている。

女性が重いものを持って困っているときには「男らしさ」をアピールするチャンスです。

聞く時は「重いでしょ?持つよ、貸して」て言ってあげた方が女性は頼みやすくなります。

女性の力の弱さや不安を補う強さやたくましさはもちろん、普段は優しいけど、いざとなったら頼りになるところも見せることができます。

11料理を取り分ける

イケメンなボク
「一番美味しいところ」をあげる。

女性が取り分けて当然という顔をせず、さりげなく料理を取り分けることで好感度が上がります。
この際、いわゆる「一番美味しいところ」を「食べなよ」と勧めるのもアリです。

どちらがやるといったルールを特に決めないことが、お互いがお互いを思いやり行動することにつながるのかもしれません。

長続きさせるためにも必ずそうする、といった暗黙のルールができないように注意が必要です。

12新鮮な経験を一緒にする

イケメンなボク
たまにはドキドキが止まらないデートを企画しろ!

女性はいくつになっても、たまには中高生カップルのようにキュンキュンしたいと思っているもの。

これまで経験のない遊びにトライしたり、行ったことのない場所に足を運んでみる。新たなお気に入りスポットが彼の影響で増えていくたびに「私のツボ分かってるな」とますます夢中になってしまいます。

普段は行かない図書館や公園などでのデートをするだけでも、新鮮な気持ちになるかもしれません。

13香水をつける

イケメンなボク
五感を通じて自分を印象づけることができます。

相手が香水に抵抗のない女性なら、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 あまりに強い香りはマナー違反です。
耳の後ろや手首にほんの少しだけ付けます。香りが飛んでしまった時は、指にほんの少し水をとって同じ場所を擦る程度でOK。再度付けたりするのは禁物です。
自分で感じなくても、周りの人には十分香りを感じます。

抱きしめ合った時に初めて気付くくらいの、ほのかな香。重ね付けはしなくとも、衣服への移り香で十分です。男性用は爽やかな香が多いですが、少し甘い香を選んでもこの場所ならしつこく香りませんので、試してみてください。

14ペースを合わせて歩く

イケメンなボク
歩幅は女性の方が短い。

身長差がある場合には、かなりのスローペースになってしまうかもしれませんが、男女で歩く速度や歩幅はまったく違います。

終始デートをリードしつつも、歩く速度や休憩したいタイミングなどはしっかり合わせてくれる。相手に合わせようと体力的に無理をすることなく自然体で楽しむことが出来るのが嬉しいですね。

まずは相手の歩幅やペースを意識して、ゆっくり目に歩くことを心がけてください。

15会話の内容や話題を覚えておく

イケメンなボク
女性は「私に興味がある」と理解してくれる。

「前に~って言ってたよね?」「そういえば~ってどうなったの?」など、女性が以前に話したことを覚えていることを話題にすると、聞き上手のレベルをさらに上げることができます。

会話を覚えていること自体、彼にとってそれが興味があることだからに他なりません。彼があなたに興味を抱いていることは確実です。

16筋トレで自信をつける

イケメンなボク
筋肉は内面からの自信に繋がるから、モテる。

モテるために筋肉をつけることを推奨しているわけではありません。筋肉トレを通じて自分の身体がどんどん変化していくことで、内面からの自信に繋がっていき、結果モテるのです。

筋肉を付けることでモテるオーラが出るようになるのは、その次の段階。ストイックさがオーラに変わったときです。さらに抽象的に申し上げますと、筋肉を優しさに変換できる男です。ストイックさが誰かを守るための力として滲み出ている男、といえば幾分かわかりやすいでしょうか。

鍛えた自分の肉体そのものが女性にとっての魅力にはならないことを十分に認識しておきましょう。

17相手に主導権を与える

イケメンなボク
「選ばせ上手」は会話が弾む。

何かを選んだり質問する時には、「どうしたい?」と聞くのではなく、選択肢を3つ用意したり、「ベスト3を教えて」と聞いたりすることで相手は答えやすくなります。

女性の心の中は複雑で、「自分の好きにしたい」という気持ちと「リードしてもらいたい」という気持ちが同居しています。

「寿司、パスタ、焼肉どれがいい?」です。

18「短所」を「長所」に変換する

イケメンなボク
女性は「この人だけは、自分を正当に評価してくれる!」と考える。

長所と短所は表裏一体。短所を長所に変換して褒める癖をつけましょう。
例えば、「いつ見ても流行遅れの野暮ったいファッションの女性」なら、「周囲に流されない信念を持った女性」と表現することができます。「口うるさくて鼻つまみ者のお局様」は、「細かい気配りが出来て、他人思いの優しい女性」です。その人の行動を尊重して褒めるのも有効です。

女性の顔を誉めるのは、ほとんどの場合マイナスですから性格や雰囲気、存在価値をじょうずに見つけて誉めてあげましょう。

19一緒に居る時は不要な電話やメールは無視する

イケメンなボク
女性は「一番になる」と安心します。
無意味な嫉妬心を煽らないように、一緒に居るときには、その女性を一番にしてあげましょう。

まるで政府の秘密の情報を抱えているかのように、1秒たりとも携帯電話を自分から手放すことのない彼。よほど見られたくないものが入っているのでしょう。

20メールなどを、きちんと早めに返信する

イケメンなボク
気持ちを大事にする男性はモテる。

メールを何度も送り続けるのではなく、返信が早かったり、すぐに電話をしてくれたり、すぐに行動をすることで、何かの時に頼られる存在になり得ます。

自分からがつがつ誘えない男でも、とにかくメールや連絡がきたらちゃんと返していると、ふとした瞬間に女の子から誘われることがあるの。出会いのときはそんなにピンとこなかった女の子でも2回目にあったら、いいかもって思うかもしれないじゃない?

場合によっては直接会いに行くなどの行動もモテるためのテクニックになります。

モテテク基礎は大丈夫?

ご紹介した20個のテクニックを実践する前に、コミュニケーションを円滑にするためのイケメン基礎テクニックを先に習得しておくと成功率があがりますよ!

次のページでは、モテる秘訣とテクニックを徹底的に教えます。

おすすめの記事