メンズ眉毛サロン初めてガイド

「自分で眉毛を整えるのは無理だ」「でもどこで眉毛は整えてもらえるの?」そんな悩みをお持ちの眉毛サロンが初めてで戸惑っている男性のために、メンズ眉毛サロンの体験談を交えながら自分にぴったりなサロンを探す方法を0から解説していきます。

1美容室や理容室の眉カットとは完全別物である

そもそもメンズ眉毛サロンの眉毛スタイリングとヘアサロンや床屋の眉カットは処理方法が全く異なる別物なので、比較するに値しないとボクは考えています。具体的にはこんな感じ。

専門サロンでメンズ眉毛をワックス脱毛で整えた場合

いわゆる眉毛サロン(専門店)ではワックスを使って眉毛の輪郭を作ってくれます。そのため眉毛の輪郭を白色の色鉛筆などで下描きしてから処理してくれるので事前に仕上がりイメージを確認することができます。(ボクは下描きを見ても想像できませんでしたが)
ワックスで処理する回数はだいたい方眉で5回前後。痛いと言えば痛いですが左右両眉でたったの10回ぐらいの我慢ができない男は男じゃないと思うんだけど女子はもっと当たり前にやってるみたいなので、じゃあ男でも女でもないということになりますね!
伸びが足りない毛はワックスに絡まないので仕上げは毛抜きで整えてくれるサロンが多いです。というかどこもそうだと思います。毛抜きだけで眉毛を整えてほしい人は相談すれば対応してくれるかもしれませんが時間がかかるので特別料金になるんじゃないかと思います。原宿のディーディーではメニュー化しているようなので相談するならまずはD×Dが比較的相談しやすいメンズ眉毛サロンだと思います。

眉カットで眉毛を整えた場合

「眉カット」は文字通り眉毛をハサミでカットするだけ、もしくはシェーバーで剃るだけです。なので下の写真のように輪郭には黒くブツブツした剃り残しが大量に発生することになります。ワックス脱毛のサロンでもワックスが使えない場所でシェーバーを使うことがあるんですが、大半の場所はワックス脱毛で毛根ごと抜くので施術直後にこんな惨事になることはありません。
そう書くと「ワックス脱毛の方がいいじゃん」と思うかもしれませんが施術後の見た目は他のオデコや頬よりも眉周りだけ異様にキレイになってしまうので、それを気にするなら眉カットの方が向いている人もいると思います。そんな人には男性専門店ではありませんがビューズなら男性専門ブースもあるので通いやすいかと思います。またビューズなら事前に下描きを確認できるので美容室や理容室で頼むよりは納得できる仕上がりになると思います。専門職人だしね。

2眉毛サロンには男性専門と男性もOKのサロンがある

眉毛サロンには大きく分けて男性専門男性もOK(男女兼用)なサロンの2種類があります。
男女兼用サロンのメリットは女性と一緒に行けることぐらい?女性客が主のサロンなのでたとえボクら男性が気まずくなくても女性は気まずい思いをするかもしれないと考えるのが紳士ってものですね!一覧ページで専門店と男女兼用店を分けて紹介しているので確認してみてください。

3メンズ眉毛サロンの探し方

運営者のボクが言うのもなんですが、サロンからお金をもらわずに運営しているのにやたら詳しい風なメンズ眉毛の比較サイトはこのイケメンノート以外にはありませんたぶん!
といってもコメントはボクの主観がたっぷりな内容なので客観的に比較できるページを用意しました。(全店舗は網羅してないんだけど)

眉毛サロンの規模で選んではダメ!

コレ、間違いありません。 眉毛サロンが小さい理由はその道の経験者(大抵の場合は女性ですね)が独立開業しているのでオーナー施術者の場合が多いです。つまり従業員を大量に抱えたサロンよりも技術力がある人に当たる確率が高い 大きな店で従業員を大量に抱えているサロンを否定するわけではなくて小さいサロンだから怪しいと考えるのは早計だということです。

眉のデザインは大きなサロンでも「研修で技術は一定だから安心」みたいなことを言っていると思います。でも差が出るのはデザインではなくて抜くときの痛みなんですよ。コレばっかりは毛の生えている方向を見極めるセンスと訓練しかないので、できることなら経験がより長い人に担当してもらえる方が痛くないハズなのです。

広告に惑わされてもダメ!

コレも間違いありません。 広告というのはサロンの魅力を伝える唯一の方法なので大量にお金をかければ広告のプロがハリボテを作ってくれるわけです。つまり資本力がモノを言わせる世界こんな比較サイトは間違いなくどこかのサロンが広告屋さんに依頼して作った比較サイトです。
施術のプロは広告のプロでもないし、小さなサロンは資金力があるはずもないのです。だから最近のボクは小さなメンズ眉毛サロンを勝手に広告してあげようと眉毛サロンのまとめページを更新することにしたのでした。

googleの口コミに惑わされてもダメ!

コレばっかりは半々です。 でもあえて言います。ボクのサイトの(旧)アイコンを使って口コミを書いているユーザがいることをボクは気づいています。
いろんな眉毛サロンの口コミをよくよく見てみると特定のサロンの評価を高くしてその他のサロンの評価を低くしているユーザーが他にもいます。ボクを騙って投稿しているユーザを含めホンモノとニセモノの体験談が混じっているのは間違いありません。
つまり口コミだってお金を払えば操作できることを理解したうえで参考にするしかないのでいろんなサロンの体験談を精査せずに評価するのはもったいないですよ。
というわけで、ボクの紹介している各メンズ眉毛サロンの紹介ページではgoogleやその他の口コミの信憑性を考察しています。ぜひ参考にしてみてください。

自分にぴったりのメンズ眉毛サロンはこうやって探す!

コレが完全かつ最終的に鉄板な検索手段です。

自己満みたいな紹介になってしまいましたが、手っ取り早く自分にぴったりの眉毛サロンを探すにはおすすめです。一部のページの下の方には眉ラーさんからのコメントもついていたりするので参考になるかと思います。

あとはやっぱり検索して体験ブログを探してみるのもいいと思いますが、予約1件につきサロンから報酬が貰えるアフィリエイトブログや広告費を払って掲載してもらっている記事などもあるので真実を知るのには結構苦労すると思います。
といってもどのサロンも別に悪いとは思わないのでそこまで気にする必要があるかどうか

4メンズ眉毛サロンには種類がある

広告やホームページに「メンズ眉毛専門サロン」と書いてあっても本当に専門サロンであることは稀です。
大抵の眉毛サロンではなぜかフェイシャル(スキンケア)がオプションでラインナップされているのでフェイシャルまではメンズ眉毛専門サロンのメニューと言えるのかもしれませんが、まつエク、眉エク、メイク、ヘアカット、ネイル、ホワイトニングetcいろいろ取り扱っているサロンが増えている気がします。でもそうすると技術はどこが一番秀でているの?という疑問にぶち当たるわけです。
ボク的な結論としては女性なら眉毛はメイクの延長線上にあるような気もするけど男の眉毛は眉毛だとも思うんですね。一時期ボクもハマりかけたメンズメイクは流行りそうで流行らない時代がまだまだ続きそうだし。ヘアカットはもはやヘアサロンだろと思うわけです。ホワイトニングは審美歯科が確実だし、ネイルと眉って技術全然ちがくね?みたいな。
というわけでサロン毎のメニューを一覧にしましたのであとは各自で適宜検討してください。

ちなみにこのサイトではボクがメンズ眉毛サロンとして認識したサロンを紹介しているので、どんなメニューをラインナップしていてもメンズ眉毛専門サロンということでお願いします。

シェーバーとハサミだけで眉カットする専門サロン

美容室や床屋の眉カットとの違いはデザイン性だと思います。デザイン性と言ってもデザインチェックが入るかどうかみたいな感じ。あとは美容室と違って毛抜きもしてくれるのでお分断然綺麗に仕上がりますが大半がシェーバー処理で眉のフチの部分(眉の外周)をツィーザー(毛抜き)で処理することになるので2週間もすれば気になり始めます。月イチ床屋ペースでは形を維持することが難しいかもしれません。
価格帯としては2,000円~3,000円ぐらいが相場で、敷居が低く見えるのが特徴です。
眉毛スタイリング(カット店)の流れ

ワックスで眉脱毛する専門サロン

専用のワックスで全体的に脱毛して細かな抜き漏れをツィーザー処理するため持続力が高いのが特徴です。といっても最初のうちは4週間ぐらいで気になり始めますが4回ぐらい通うと生えてこなく(生えてきづらく)なるので2~3ヶ月おきでも大丈夫になってきます。
価格帯としては5,000円前後とカット店と比較すると約2倍ぐらい。ただ初回割引をしている店が多いのとスタイリング後の持続力が長いのではじめて行くなら断然ワックス脱毛の眉毛サロンをおすすめします。
眉毛スタイリング(ワックス脱毛店)の流れ

5予約が取れる=不人気の眉サロン でもない

ボクの地道な調査が間違いなければ某プラスエイト横浜店も開店当初はガラガラでしたが1年半経った2019年9月には新宿店よりも予約が取りやすいかなーぐらいまで予約で埋まっています。それでもまだ余裕がある。
つまり突然開店ラッシュを迎えたメンズ眉毛サロン2018-2019は需要よりも供給の方が圧倒的に多い時代だと思うわけです。
そう考えると、ヘアカットやネイル、メイク、まつエクとかもラインナップしている理由が分かったような。ね。

予約が取れるけどキレイに仕上げてくれる眉サロンの例

おすすめはインスタ!

かくいうボクも新たなメンズ眉毛サロンを探す旅はインスタでやっています。なんでってサロンのカラーが分かるし仕上がり写真を公開しているサロンが結構あるからなんですが、この時に重要なのがインスタの運用が現場主導かどうかを見極めることです。検索した時に広告が出てくるサロンはインスタやfacebookも同じような内容が出ていたりしてお客さんの写真が出ていても親近感が湧かないことが多いです。反面、小さなサロンは手作りSNSの雰囲気がビシビシ伝わってくるコメントが書いてあるので親近感が湧くのです。

でもとりあえずボクのサイトで研究してからから旅立ってくださいね。

6正しいメンズ眉毛サロンの探し方を書いた理由

僕がこのイケメンノートを立ち上げてから約3年。そして眉毛サロンの記事を書き始めてから約2年が経ちました。そして気が付いたことがあります。それは眉毛サロンを探すメンズが結構いること。こんな雑な記事しかないのにアクセス解析を見てみると北は北海道から仙台、埼玉、千葉、横浜、名古屋、新潟、大阪、京都、広島、福岡、沖縄などなど全国にお住いのメンズ眉毛難民が数百人規模で毎日見にきてくれているのです。軽いノリで始めたのでいろいろ嬉しい誤算です。なので眉毛先輩であるボクが経験してきたメンズ眉毛サロンで感じた選び方のコツや正しい比較の方法を初心者向けにまとめることで素敵な眉ライフをお過ごしいただけるのではないかと!思ったのでした。

街で見かける眉毛サロンは女性向けばかり

調べなくてもだいたいわかると思いますがルミネとかマルイなどの商業施設に入居している眉毛サロンはだいたい女性フロアにあったり店構えが女性向けなので基本的に男性は入りづらいです。ごく一部の店で男性メニューを置いてるところもありますがとにかく1人では入りづらいです。さらに彼女と行こうと思っても同じ時間帯では予約が取れないことが比較的多い(少人数でまわしてるお店が多い)ので結局ひとりで行くしかない的な。メイクに限りなく近い商売はやっぱり女性が主役なのです。

眉毛整えるなら美容所で

眉毛サロンとは眉毛の形を整えることを専門とした美容所です。美容所というのはつまり美容室。美容師さんが働いている店ってことですね。これは顔の容姿を整える店なので法律的にそういうことになってるらしいです。着付けやメイクサロンも同様に美容所ですね。ちなみに床屋は理容所といって別の法律が適用されていてメイク的なことはできません。つまり眉毛サロンとして営業している店は美容所しかありません。(ボク調査)
じゃあなんで床屋でも「眉毛カット」ってメニューがあるの?って思うかもしれませんが、床屋(理容師)は眉毛を増やす(描く=メイク)ことができないだけで大まかには同じことができるんですね。それか髭剃り・顔そりの拡大解釈なのかもしれません。まあ合法ですよたぶん。

ちなみに眉毛サロンの施術スペースは美容師しか接客しちゃいけないことになってるらしいので見習いはどうなのよってのは置いておくと例えば眉毛の施術をする場所で理容師がヘアカットしたら法律違反になるんだそうです。美容師免許を持たないエステシャンが眉施術した同じ席でフェイシャルやるのももちろん違法なのでメモっておいてください。

7眉毛の処理方法の比較と実体験まとめ

眉毛スタイリングの方法毎の特徴をまとめました。結論としては基本的に金額に比例します。この法則は絶対に覆らないとボクは考えています。

方法 美容室 眉カットサロン 眉脱毛サロン
処理方法 カット カット+毛抜き 脱毛+毛抜き
所要時間 5-10分 20-30分 40-60分
相場 500円 2,500円 5,000円
仕上り感
持続力 1週間 2週間 4週間

どれも人に頼った商売なので美容師(アイブロウリスト)の占有時間に比例して金額が設定されているように感じるからです。そうです。眉毛スタイリングの価格破壊には限界があるということです。1,000円カットのQBハウスみたいな店があかもしれませんが、僕の知る限りではそんな店は存在していません。いつかできるといいですね!

眉の毛抜きの弱点は時間がかかること

眉毛をピンセット(ツィーザー)で抜けばその効果はワックス脱毛と同じになるはずですが1本1本丁寧に抜くには時間がかかる(つまり限界がある)し、なにより1イタにつき1本しか抜けないので痛みが果てしなく続いてしまいます。なので眉カットサロンで毛抜きしてもらえばいいじゃん、といってもお店もそこまで付き合ってくれません(付き合ってくれてもクレーマー扱いされると思います)。あくまでシェーバーやワックスでで大まかに剃った(抜いた)後の最終処理として毛抜きを使用する感じです。うまい人にあたると毛の流れに沿って抜いてくれるのであんまり痛く感じません。(何度か通うとわかってきます)

眉のワックス脱毛の感想

お店によって使用しているワックスは違いました。オリジナルワックスとホームページで書いてある店も結構ありますがオリジナル品を製造しているとも思えません。(女性向けの多店舗展開している店ならありえるかもしれません)まあボクたちお客さん側としては抜けりゃいいので何使ってもらってもいいじゃないですか。怪我さえしなければね。ちなみに何店舗かの眉毛サロンで見せてもらった(最初にだいたい説明されます)のですが、透明なワックスを使用している店や水色っぽい乳白色のワックスを使用している店とかありました。さらにワックスの使用方法も2パターンあってワックスを塗って乾いたらそのまま剥がす店と、ワックスを塗ったら厚手の不織布のような紙をを載せて剥がす店がありました。結果は同じで余分な眉毛が抜けます。

眉のワックス脱毛は安全なのか?

性善説に基づくとワックスが皮膚に有害なものなわけがありませんが、ぺりっと剥がすときに痛みを感じるので粘着質が皮膚に負担をかけていることは間違いないです。だいたい眉を抜く前に毛穴を開いたり抜いた後には冷却したりしてくれるものなので、たぶん赤く腫れたり火傷したりする人が0ではないんだと思います。

ちなみに某メンズ眉サロンのホームページにある施術の流れでは「眉毛に対して綺麗でしっかりとしたワックス脱毛を行うため、専用の保湿ジェルを使い毛穴を広げます。」と書いてあります。ただ「毛穴を開くジェル」がこの世に存在するのか世界のアマゾンで調べてみた結果としては見つかりませんでしたのでたぶんありきたりな保湿ジェルか超極秘の保湿ジェルの可能性があります。(ボクの実感では暖かいジェルではなかったので、毛穴を開く成分配合の極秘ジェルなのかもしれません)つまりそれはもしかしたらオロナイン的なヤツなんだと思います。謎!

毛抜き(ピンセット・ツイーザー)は安全なのか?

これはアイブロウリストさんの腕に完全に依存します。忙しい日はリスクが高いとも言えますね。手元が狂うと皮膚ごと引っ張ってしまって痛い思いをするので、予約が詰まっている大規模な混雑店での毛抜きはリスクが高いかもしれません。ちなみにぼくは中立の立場としてどの店も批判したくないのですが某眉カット専門サロンで瞼に血豆ができました。という事実だけお知らせしておきます。

眉ばさみは安全なのか?

施術者は全員美容師さんだから問題ないんじゃないかと思います。自分で眉毛を切る時とぜんぜん違うアプローチでちょっと関心しました。(これはボクだけかもしれない)

8ボクが美容室や床屋の眉カットをお勧めしない理由

0円~1,000円程度でやってくれる店がほとんどだと思いますがいまとなってはお勧めしません。 それは「ハサミとシェーバーで眉カットするだけだから」という安易な理由ではなく「ヘアカット後のセットで満足したことがあまりない」からです。
大抵の美容師さんは僕の頭の形と毛の生え方を気にせずにザクザク切ってしまって後頭部の髪の毛が飛び跳ねるんですが、いい人にあたると飛び跳ねないんですね。
本業のヘアカットでも修行が足りないのについで仕事の眉がちゃんと仕上げられるのかと。
わざわざこのページを読んでくれている人はぜひ眉毛サロンに一度行ってみるといいですよ。

オシャレ系床屋の眉スタイリング

「メンズ専門グルーミングサロン」みたいな洒落た言い回しで営業している床屋(理容室)はどうなの?って思ってる人も多いと思いますがどんなに値段が高くてもワックス脱毛はしてくれません。シェーバーの代わりにレザー(剃り刃)を使うのが限界です。だって床屋だから。この類の床屋は3000円とか4000円とか比較的高額設定にしてますがたぶん顔剃り技術的な床屋のプライドがそうさせてるんじゃないかと思います。顔剃りは気持ちいけどね。
ちなみに床屋のフェイシャル行為はたしか違法ですね。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 2 レビュー
by

犬かわいいw

by noma

おすすめの記事