自分好みの眉毛サロンの探し方を教えます【保存版】

僕がこのイケメンノートを立ち上げてから約2年。そして眉毛サロンの記事を書き始めてから約1年が経ちました。そして気が付いたことがあります。それは眉毛サロンを探すメンズが結構いること。こんな雑な記事しかないのに、毎日、全国都道府県にお住いの数百人の男達が見にきてくれているのです。当初はイケメンになるためのライフハックサイトだったのに、メンズ眉毛サロンを体験してからハマってしまいこんなことになってしまいました。だれも見ないだろうなーと思ってたので、いろいろ嬉しい誤算です。なので、眉毛先輩である僕が経験してきたメンズ眉毛サロンで感じた選び方のコツを説明するので、知らない人は読んでから店探しを始めるといいと思います。

眉毛サロン(メンズ)の探し方

街で見かける眉毛サロンは女性向けばかり

勘がよければ知らなくてもだいたいわかると思いますが、ルミネとかマルイなどの商業施設に入居している眉毛サロンはだいたい女性フロアにあったり店構えが女性向けなので基本的に男性は入りづらいです。ごく一部の店で男性メニューを置いてるところもありますが、とにかく1人では入りづらいです。さらに彼女と行こうと思っても同じ時間帯では予約が取れないことが多い(少人数でまわしてるお店が多い)ので、結局ひとりで行くしかない的な。メイクに限りなく近い商売はやっぱり女性が主役なのです。

メンズ眉毛サロンとは

眉毛の形を整えることを専門とした美容所です。美容所というのはつまり美容室。美容師さんが働いている店ってことですね。これは顔の容姿を整える店なので、法律的にそういうことになってるらしいです。着付けやメイクサロンも同様に美容所ですね。ちなみに床屋は理容所といって別の法律が適用されていてメイク的なことはできません。つまり眉毛サロンとして営業している店は美容所しかありません。(僕調査)
じゃあなんで床屋でも「眉毛カット」ってメニューがあるの?って思うかもしれませんが、床屋(理容師)は眉毛を増やす(描く=メイク)ことができないだけで、大まかにあとは同じことができるんですね。それか髭剃り・顔そりの拡大解釈なのかもしれません。まあ合法ですよたぶん。

眉毛スタイリングの流れ

眉毛サロンは大きく分けて1:眉毛をハサミでカットする店」と「2:眉毛をワックスで脱毛する店に分けられます。
どちらの店も「眉毛スタイリング」や「眉カット」「眉トリミング」といった名称でメニュー表記しているので、具体的な施術の流れを確認することも失敗しないポイントです。

あくまで筆者の個人的な見解ですが、どっちも行ったことがあるのでそんなに間違った情報ではないはずです。是非参考にしてみてください。


ハサミで眉カットする店の場合

美容室や床屋の眉カットとの違いはデザイン性だと思います。デザイン性と言ってもデザインチェックが入るかどうかみたいな感じ。あとは美容室と違って毛抜きもしてくれるのでお分断然綺麗に仕上がりますが、大半がシェーバー処理で眉のフチの部分(眉の外周)をツィーザー(毛抜き)で処理することになるので、2週間もすれば気になり始めます。月イチ床屋ペースでは形を維持することが難しいかもしれません。
価格帯としては2,000円~3,000円ぐらいが相場で、敷居が低く見えるのが特徴です。
眉毛スタイリング(カット店)の流れ

主な眉毛カットサロン
女性向けでも良ければ駅ビルにある「アトリエはるか」
いちおう男性専用ルーム完備「BIEWS」

ワックスで眉脱毛する店の場合

専用のワックスで全体的に脱毛し、細かな抜き漏れをツィーザー処理するため、持続力が高いのが特徴です。といっても、最初のうちは4週間ぐらいで気になり始めますが、4回ぐらい通うと生えてこなく(生えてきづらく)なるので、2~3ヶ月おきでも大丈夫になってきます。
価格帯としては5,000円前後とカット店と比べると約2倍ぐらい。ただ初回割引をしている店が多いのとスタイリング後の持続力が長いので、はじめて行くなら断然ワックス脱毛の眉毛サロンをおすすめします。
眉毛スタイリング(ワックス脱毛店)の流れ

主な眉毛ワックス脱毛サロン


眉毛の処理方法比較

眉毛スタイリングの方法毎の特徴をまとめました。結論としては基本的に金額に比例します。この法則は絶対に覆らないと僕は考えています。

方法 美容室 眉カットサロン 眉脱毛サロン
処理方法 カット カット+毛抜き 脱毛+毛抜き
所要時間 5-10分 20-30分 40-60分
相場 500円 2,500円 5,000円
仕上り感
持続力 1週間 2週間 4週間

どれも人に頼った商売なので、美容師(アイブロウリスト)の占有時間に比例して金額が設定されているように感じるからです。眉毛スタイリングの価格破壊には限界があるということです。1,000円カットのQBハウスみたいな店があかもしれませんが、僕の知る限りではそんな店は存在していません。いつかできるといいですね!

眉の毛抜き

眉毛をピンセット(ツィーザー)で抜けば、その効果はワックス脱毛と同じになるはずですが、1本1本丁寧に抜くには時間がかかる(つまり限界がある)し、なにより1イタにつき1本しか抜けないので痛みが果てしなく続いてしまいます。なので、眉カットサロンで毛抜きしてもらえばいいじゃん、といっても、お店もそこまで付き合ってくれません(付き合ってくれてもクレーマー扱いされると思います)。あくまでシェーバーやワックスでで大まかに剃った(抜いた)後の最終処理としてピンセットを使用する感じです。うまい人にあたると、毛の流れに沿って抜いてくれるのであんまり痛く感じません。(何度か通うとわかってきます)

眉のワックス脱毛

お店によって使用しているワックスは違いました。オリジナルとホームページで書いてある店も結構ありますが、オリジナル品を製造しているとも思えません。(女性向けの多店舗展開している店ならありえるかもしれません)まあ僕たちお客さん側としては抜けりゃいいので何使ってもらってもいいじゃないですか。怪我さえしなければね。ちなみに何店舗かの眉毛サロンで見せてもらった(最初にだいたい説明されます)のですが、透明なワックスを使用している店や、水色っぽい乳白色のワックスを使用している店とかありました。さらに使用方法も2パターンあって、ワックスを塗って乾いたらそのまま剥がす店と、ワックスを塗ったら厚手の不織布のような紙をを載せて剥がす店がありました。まあ結果は同じです。余分な眉毛が抜けます。

眉毛スタイリングの安全性

ワックス脱毛の安全性

性善説に基づくと、ワックスが皮膚に有害なものなわけがありませんが、ぺりっと剥がすときに痛みを感じるので、粘着質が皮膚に負担をかけていることは間違いないです。だいたい眉を抜く前に毛穴を開いたり、抜いた後には冷却したりしてくれるものなので、たぶん赤くはれたりやけどしたりする人が0ではないんだと思います。

ちなみに某メンズ眉サロンのホームページにある施術の流れでは「眉毛に対して綺麗でしっかりとしたワックス脱毛を行うため、専用の保湿ジェルを使い毛穴を広げます。」と書いてあります。ただ「毛穴を開くジェル」がこの世に存在するのか世界のアマゾンで調べてみた結果としては見つかりませんでしたので、たぶんありきたりな保湿ジェルか、超極秘の保湿ジェルの可能性があります。(ボクの実感では暖かいジェルではなかったので、毛穴を開く成分配合の極秘ジェルなのかもしれません)つまりそれはもしかしたらオロナイン的なヤツなんだと思います。謎!

ピンセット毛抜きの安全性

これはアイブロウリストさんの腕に完全に依存します。忙しい日はリスクが高いとも言えますね。手元が狂うと皮膚ごと引っ張ってしまって痛い思いをするので、予約が詰まっている混雑店での毛抜きはリスクが高いかもしれません。
ちなみにぼくは中立の立場としてどの店も批判したくないので、眉カットサロンで瞼に血豆ができました。という事実だけお知らせしておきます。

眉ばさみの安全性

専門店でも美容師さんだから問題ないんじゃないかと。自分で眉毛を切る時とぜんぜん違うアプローチでちょっと関心しました。(これは僕だけかもしれない)


美容室や床屋の眉カットをお勧めしない理由

0円~1,000円程度でやってくれる店がほとんどだと思いますが、いまとなってはお勧めしません。
それは、ハサミとシェーバーで眉カットするだけだから、という安易な理由ではなく、「ヘアカット後のセットで満足したことがあまりない」からです。
大抵の美容師さんは僕の頭の形と毛の生え方を気にせずにザクザク切ってしまって後頭部の髪の毛が飛び跳ねるんですが、いい人にあたると飛び跳ねないんですね。
本業のヘアカットでも修行が足りないのに、ついで仕事の眉がちゃんと仕上げられるのかと。
わざわざこのページを読んでくれている人は、ぜひメンズ眉毛サロンに一度行ってみるといいですよ。

眉毛をイケメンに整えるために知っておきたいサロン情報

メンズ眉毛サロン一覧まとめ
眉毛サロン別サービス比較まとめ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 レビュー
by noma

メンズ美容の疑問をなんでも解決!